川崎Fが2試合を残して悲願の連覇達成!C大阪に敗戦も優勝決定/J1第32節
最終更新

明治安田生命J1リーグは第32節が10日に行われ、首位の川崎フロンターレはアウェイでセレッソ大阪と対戦し、1-2で敗れた。しかし、同時刻に行われた2位・サンフレッチェ広島が敗れたため、2試合を残して川崎Fのリーグ連覇を達成した。

勝てば2試合を残して優勝が決まる川崎Fは、負傷の小林悠に代わって阿部浩之が1トップの位置でスタート。また、前節の柏戦で出場しなかった大島僚太が先発入りした。

序盤から敵陣でボールを保持する川崎Fは、中村憲剛の強烈なミドルでファーストシュートを放つと、15分にも阿部が決定機を迎えたが決めきれず。37分には登里享平が負傷し、知念慶との交代を余儀なくされた。

すると、徐々にC大阪がペースを握り始め、杉本健勇、柿谷曜一朗の2トップが決定機を作る。C大阪は40分、松田陸が右サイドからクロスを送ると、フリーで抜け出した柿谷がヘッド。しかし、これは枠を外してしまう。44分には丸橋祐介のCKから、松田の落としにソウザが強烈なシュートを放つ。これはGKチョン・ソンリョンのファインセーブに遭ってしまった。さらに杉本がPA内で絶好のチャンスを迎えたが、シュートを枠に飛ばせず。前半は0-0のスコアレスで折り返した。

すると後半、C大阪がワンチャンスをモノにする。55分、丸橋の縦パスを杉本が田中亜土夢へ。田中は左サイドを切れ込んで低めクロスを入れると、杉本が絶妙なトラップで相手を振り切り、GKと1対1に。冷静に左足で流し込み、C大阪が先制点を奪取した。

C大阪はその後、柿谷を下げて山村を投入。より守備の意識を強める。川崎Fはセットプレーから中村がチャンスを演出するも、ゴールにつなげることができず。

川崎Fは76分に阿部に代えて齋藤学、エウシーニョを下げて鈴木雄斗を投入し、C大阪とは対照的に攻撃の姿勢を強める。しかし、C大阪も守りながらも、一発のカウンターをチラつかせる。ブロックを固めるC大阪に対して、川崎Fは家長を中心に細かなパスで崩しにかかる。

すると89分、知念が相手のバックパスに対してチェイスすると、キム・ジンヒョンの足が引っかかり、PKを獲得する。このPKを家長昭博が冷静に右隅に決めて川崎Fが同点に追いついた。

しかし、C大阪は後半アディショナルタイム、途中出場の山村が土壇場で勝ち越しゴールを奪取。結局、試合は2-1で終了。川崎Fは敗れたものの、同時刻に行われた2位・サンフレッチェ広島とベガルタ仙台の一戦で、広島が0-1で敗れたため、2試合を残してのリーグ連覇が決定した。

■試合結果
セレッソ大阪 2-1 川崎フロンターレ

■得点者
C大阪:杉本健勇(55分)山村和也(90+4分)
川崎F:家長昭博(89分)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

コメント ()