磐田、2点ビハインドから劇的白星!小川航基がJ1初ゴール…広島は公式戦7試合勝利なしに/J1第31節
(C)J.LEAGUE
磐田がホームで粘りを見せる。

明治安田生命J1リーグ第31節が3日に行われ、ジュビロ磐田とサンフレッチェ広島が対戦した。

磐田は前節、リーグ戦7試合ぶりに勝利。片や広島は2位ながら、公式戦ここ5試合で4敗と絶不調に陥っている。

磐田は中村俊輔がケガで欠場、大久保嘉人が出場停止のため、上原力也がスタメンに入っている。広島の川辺駿は古巣戦で先発した。

序盤は一進一退の攻防が続くが、流れを変えたのはセットプレー。31分、広島がコーナーキックから野上結貴がそらすと、ファーでティーラシンが頭で押し込み、先制に成功する。

先制点以降、ペースも広島へ。磐田はなかなかパスが回らなくなり、前線に仕掛けていくことができない。前半はアウェイチームが1点をリードして終える。

後半に入ってもペースは広島。一瞬のスキを突いてティーラシンが抜け出し、決定機を得るが、カミンスキーの好セーブで磐田はしのいでいく。

劣勢の磐田は小川航基、荒木大吾と攻撃的な選手を投入。流れを引き戻しにかかる。しかし、直後に広島が分厚い攻めを見せる。右サイドから崩すと、左サイドの和田拓也で仕留める。パトリックの落としを和田が左足でゴール右に沈め、大きな追加点を奪う。

それでも、磐田がコーナーキックから1点を返す。中央でこぼれた球を川又堅碁が振り向きざまに左足で叩き込み、1点差に迫る。しかし、川又は70分に腿裏を押さえて途中交代。追い上げムードが萎んでしまう。

だが、磐田は諦めない。荒木の左サイドの仕掛けから田口泰士がシュート。ミスキックとなったが、右サイドに流れたボールを櫻内渚がダイレクトでニアへとねじ込み、磐田がここに来て試合を振り出しに戻す。

終盤、磐田は猛攻を仕掛けるが、荒木のクロスから山田大記のシュートはポストに直撃。決定的なチャンスを生かせない。

しかし、最後の最後にドラマが。コーナーキックから磐田がPKを獲得する。キッカーは小川航基。落ち着いてゴール右隅に沈め、嬉しいJ1初ゴールが決勝点となり、磐田が劇的な白星を飾った。

■試合結果
磐田 3-2 広島
■得点者
磐田:川又(65分)、櫻内(80分)、小川航(90+5分)
広島:ティーラシン(31分)、和田(59分)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

コメント ()