ニュース ライブスコア

2019/04/10 サンフレッチェ広島 対 大邱FC のマッチレポート

終了
2 - 0
広島
DAE
ドウグラス ヴィエイラ (10 PK)
渡 大生 (26)
エディオンスタジアム広島
またしても無失点!前半の2発守り抜いた広島が大邸下し公式戦6連勝
21:09 JST 2019/04/10
2019_4_10_DOUGLAS

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は10日にグループステージ第3節が開催。サンフレッチェ広島はホームで韓国の大邸FCと対戦した。

明治安田生命J1リーグ第6節終了時点で1失点しか喫しておらず、無敗を保ち首位に立っている広島。ACLでは1勝1敗の3位に位置している中で、2勝で首位の大邸FCとの一戦に向けては、3-0で勝利した直近のJ1第6節・ガンバ大阪戦からスタメンを4名変更。これまでより多くの主力を投入し、最前線では渡大生とドウグラス・ヴィエイラがコンビを組んだ。

試合は早々の10分に広島が動かす。ボックス内で浮き球のボールに反応した野上が倒されてPKを獲得すると、キッカーを務めるのはドウグラス。大邱GKに触れられる際どいコースだったものの、勢いのあるシュートで先制点をマークした。

さらに26分、ボックス内左でボールを持った渡が右足をシャープに振りぬくとGKチョ・ヒョヌは動けず。鋭いシュートが右のネットを揺らして早くも広島が突き放す。

その後、ペースを落とした広島は大邱にほぼチャンスを作らせず。31分にはボックス内に供給された浮き球のパスをキャッチしようとしたGK大迫が空振りするシーンがあったものの、大邱の攻撃陣も反応できない。2-0で試合を折り返した。

2点のビハインドを抱える大邱は、ハーフタイム中にダリオ、パク・ハンビンに代えてエドガル、チョン・スンウォンを投入する二枚替えを敢行。

しかし、ロングボールを多用して攻め込もうとする大邱に対して、広島は引いて対応。また、56分にボックス手前中央の渡がミドルシュートを放つなど、時折カウンターでけん制してシチュエーションを生かした戦い方を続ける。

69分、大邱が3枚目のカードを切ってファン・スンミンに代えてキム・テウォンを投入すると、広島も同じタイミングでドウグラスに代えて皆川を起用。さらに、77分にも東に代えて松本泰を送り出す。

試合終了間際の89分には、競り合いの中で皆川の肘がホン・チョンウンの顔に入ったとして2枚目の警告を提示されて退場となったが、大邱がネットを揺らすことは最後までなく試合が終了。この結果、前半のリードを保った広島が、公式戦6連勝を飾っている。

■試合結果
サンフレッチェ広島 2-0 大邸FC

■得点者
広島:ドウグラス・ヴィエイラ(10分)、渡大生(26分)

大邸:なし

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です