横浜FMが敵地でG大阪に逆転勝利! 三好康児&E・ジュニオら新戦力躍動で白星スタート
2019_2_23_yokohama
(C)J.LEAGUE

明治安田生命J1リーグ開幕節のガンバ大阪vs横浜F・マリノスがパナソニックスタジアム吹田で行われた。

昨シーズンに9位と苦しんだG大阪と、同じく12位で残留争いに巻き込まれた横浜FMが激突。昨季途中から指揮官に就任してチームを立て直した宮本恒靖監督率いるG大阪は、韓国代表でも地位を確立したファン・ウィジョのほか、アデミウソン、ベテランの遠藤保仁らがスタメン。一方、アンジェ・ポステコグルー監督が続投する横浜FMは、新戦力のマルコス・ジュニオールや三好康児が先発出場した。

名門同士の対決は、立ち上がりから試合が動く。まずは試合開始早々、G大阪が相手のミスを突いて先制。遠藤が高い位置でプレッシャーをかけると、DFチアゴ・マルチンスのGKへのバックパスをファン・ウィジョがカット。韓国代表FWが角度の厳しいボックス左から放ったシュートは左ポストに当たるも、正面に跳ね返ったボールを小野瀬康介がプッシュ。小野瀬がG大阪のJ1ホーム800ゴール目を記録し、チームに先制点をもたらす。

出鼻をくじかれる形となった横浜FMだが、直後にはすぐさま試合を振り出しに戻す。3分、エジガル・ジュニオがボックス左から低いクロスを入れると、DF藤春廣輝のクリアが味方に当たる。ゴール前にこぼれたボールをすかさず仲川輝人が押し込み、スコアを1-1とする。

ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。そんな中、34分に勝ち越し弾を挙げたのは横浜FMだった。複数人が絡んでショートパスで右サイドを崩すと、天野純が鋭いドリブル突破から折り返しのボールを入れる。これは跳ね返されるも、ボックス右手前でボールを拾った三好が左足一閃。ハーフバウンドの抑えがきいた強烈シュートを突き刺し、横浜FMがリードした。

さらに横浜FMは38分にも追加点。バイタルエリアのE・ジュニオが縦パスを落とすと、そこから仲川のリターンパスを受けて正面に抜け出す。飛び出してきたGK東口順昭をはずすチップキックで冷静にネットを揺らす。E・ジュニオのJリーグ初ゴールで、3-1とした。

迎えた後半、横浜FMは試合をコントロールしながらG大阪の反撃を抑える。G大阪の宮本監督は、60分に高宇洋に代えて田中達也を投入。さらに71分には小野瀬を下げて渡邉千真を送り出す。一方、横浜FMのポステコグルー監督は、75分にマルコス・ジュニオールに代えて遠藤渓太を入れてバランスを整える。

しかし、ボールと人を動かしながら攻撃に出て相手をけん制する横浜FMがうまく試合を進める。G大阪は85分、投入されたばかりの矢島慎也がボックス手前で右足を振り抜くが、このシュートはバーの上にはずれる。

その後、横浜FMは88分に左サイドからクロスを入れられると、クリアボールを藤春に詰められて1点差に詰め寄られるも、そのまま逃げ切り。新戦力が活躍した横浜FMが、開幕白星スタートを切っている。一方のG大阪は、8年連続開幕白星なしとなっている。

■試合結果
ガンバ大阪 2-3 横浜F・マリノス

■得点者
G大阪:小野瀬康介(1分)、藤春廣輝(88分)
横浜FM:仲川輝人(3分)、三好康児(34分)、エジガル・ジュニオ(38分)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores