オーストラリアがホームでUAEを下す…セットプレーから2発/W杯アジア最終予選
Australia v UAE
(C)Getty Images
ロシア・ワールドカップアジア最終予選・第7戦でオーストラリアが2-0でアラブ首長国連邦(UAE)を下し、暫定ながらサウジアラビア、日本と勝ち点で並んだ。

■W杯アジア最終予選第7戦 オーストラリア 2-0 アラブ首長国連邦(UAE)

オーストラリア:ジャクソン・アービン(6分)、マシュー・レッキー(78分)
UAE:なし

2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・第7戦が28日に行われ、グループBでは勝ち点10で3位のオーストラリアと、勝ち点9で4位のUAEが対戦した。試合は2-0でホームのオーストラリアが勝利。勝ち点を13に伸ばし、暫定ながら首位・サウジアラビア、2位・日本と勝ち点で並んだ。

広告

6分、オーストラリアは最初のCKを得ると、MFジェイムス・トロイージのキックにMFジェイムス・トロイージが合わせ、先制に成功する。UAEは日本戦でも存在感を発揮したMFオマル・アブドゥルラフマンを中心に攻撃を組み立てるが、得点には至らない。

すると78分、CKを得たオーストラリアは再びトロイージのキックからゴールを決める。ニアサイドのボールに合わせたのはFWマシュー・レッキーだった。試合は2-0でオーストラリアが勝利。なお、サウジアラビアと日本の試合は、28日夜に行われる。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。