ニュース 試合速報・結果

2018/10/22 インテル 対 ミラン のマッチレポート

終了
1 - 0
INT
MIL
マウロ イカルディ (90+2)
ジュゼッペ・メアッツァ
インテル、イカルディの劇的ゴールで好調同士のミラノダービーを制する/セリエA第9節
5:31 JST 2018/10/22
Goal-live-scores
191回目のミラノダービーは劇的な展開となった。

現地時間21日、イタリア・セリエA第9節ではインテルとミランによる「ミラノダービー」が行われた。

インテルが公式戦6連勝中、ミランも8試合負けなしと互いに好調をキープしたまま迎えた191回目を数える伝統の一戦。立ち上がりからアグレッシブにプレスをかけていくインテルに対し、後方から丁寧につなごうとするミランはなかなか攻撃の形を作ることができない。

そして最初の決定機を作り出したのはやはりインテルだった。11分、マルセロ・ブロゾヴィッチの左サイドからのクロスをニアサイドのマティアス・ベシーノが頭でそらし、ファーポストに走り込んでいたマウロ・イカルディが押し込んでネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定によりノーゴールとなった。

その後もインテルが高い位置からのプレッシングをベースに主導権を握っていくが、ルーカス・ビグリアとの接触プレーで負傷したラジャ・ナインゴランが交代を余儀なくされ、30分にボルハ・バレーロが投入された。

ナインゴランの交代でプレス強度が落ちるかと思われたインテルだが、ハイプレスは変わらずにミランの守備陣を苦しめる。33分には、左CKのこぼれ球をイヴァン・ペリシッチが頭でつなぎ、ステファン・デ・フライが難しい体勢から放ったボレーがクロスバーを叩く。38分にもシメ・ヴルサリコのシュートに反応したイカルディがゴール前でコースを変えようと足を延ばすが、わずかに届かない。

守勢の続いていたミランは42分、右サイドからスソが左足で入れたクロスをアレッシオ・ロマニョーリが背中で触り、ファーポストのマテオ・ムサッキオが押し込む。奇しくもオフサイドになったインテルのゴールと同じような形だったが、こちらもオフサイドによりノーゴールとなった。

互いに無得点のまま迎えた後半、前半同様にインテルがハイプレスでペースを握る。ミランはエースのゴンサロ・イグアインにチャンスボールを供給できず、我慢の時間が続く。
攻勢のインテルも、イカルディがゴール前でなかなか仕事をさせてもらえず、シュートまで持ち込むことができない。70分、足を痛めたとみられるペリシッチに代えてケイタ・バルデを投入したインテルに対し、ミランも73分にハカン・チャルハノールに代えてパトリック・クトローネを投入。互いに拮抗した状況を打破しようと交代カードを切る。

82分にマッテオ・ポリターノに代えてアントニオ・カンドレーヴァを投入し交代枠を使い切ったインテルに対し、ミランも84分にフランク・ケシエを下げてティエムエ・バカヨコを投入。互いに疲れの出る時間帯だが、どちらも守備に大きな隙ができないため、決め手に欠け膠着した展開のままアディショナルタイムへ。

そしてそのアディショナルタイムにドラマが。右サイドに開いてボールを受けたベシーノがクロスを入れると、ゴール前で合わせたのはイカルディ。主将にしてエースのヘディングが決まり、土壇場で均衡を破ったインテルが191回目のミラノダービーを制した。

■セリエA第9節
インテル 1-0 ミラン

■得点者
インテル:イカルディ(90+2分)

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ