ニュース ライブスコア
FIFA ワールドカップ

W杯初、VARからPK決めたグリーズマン「シミュレーションじゃない。ビデオ判定あって良かった」

22:06 JST 2018/06/16
Antoine Griezmann France Australia World Cup 2018.jpg

16日にロシア・ワールドカップのグループC初戦が行われ、フランスはオーストラリアに2-1の勝利を果たしている。今大会初めてVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)からPKを記録した選手となったFWアントワーヌ・グリーズマンは試合後、VARが見事に判定の助力になったとの見解を示している。フランス『TF1』がコメントを伝えた。

この試合の56分、鋭い縦パスに抜け出したグリーズマンは、オーストラリアDFジョシュア・リズドンにPA内で左足をかけられる。主審は一旦プレーを流したものの、VARにて該当プレーを確認するため、試合を一旦中断した。

VARでの確認を終えた主審は、PKスポットを指し、フランスにPKを与えた。これが今大会から導入されたVARで、初のPKが与えられた瞬間となった。このPKをグリーズマンが落ち着いて決めて、フランスに先制点をもたらしている。

試合後にインタビューに応じたグリーズマンは、VARでPK判定が下されたことについて、次のような感想を述べた。

「PKはあったと思う。左足をかけられたし、少し痛みを感じた。あれはシミュレーションなんかじゃない。このケースの場合、ビデオ判定があって良かったと感じている」

アトレティコ・マドリー所属FWはまた、フランスが大会を通じて成長しなければならないとも話している。

「何よりも重要なのはチームだ。僕たちはまだまだ働かなくては。そう、チームはまだより良いものになれるし、そうなる必要があるんだよ。勝利は全員にとって素晴らしいものとなった。2試合目には、もっと落ち着いて臨むことができるね」

「僕たちはプレーシステムについて、まだ仕事に取り組まなくてはならない。また大会の雰囲気、重圧にも慣れていく必要がある」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ