UNLで降格危機のドイツ、主将ノイアー「厳しい1年を過ごさなければならなかった」

コメント()
Getty

ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督とマヌエル・ノイアーが、ロシア戦の完勝を振り返った。

15日に行われた国際親善試合で、ロシアと対戦したドイツ。若手主体のメンバーで臨むと、前半だけで3ゴールを奪い、相手に反撃を許さず。3-0で完勝を収めた。

試合後、レーブ監督は前半の内容を評価しつつ、反省点も口にしている。

「前半は良かったし、上手くゲームをコントロールした。何度か深くまで侵入してダイナミックな状況を作り出し、2つの素晴らしいゴールを決めたね。後半に入ると、ゲームの流れを少し失ってしまった。ピッチ上で適切なポジションを取れず、少し混乱があったね」

また、主将のノイアーは、今年最後のインターナショナル・ウィークを勝利で終えたいと話している。

「最後の2試合で今年を良い形で終えたい。代表チームでは厳しい1年を過ごさなければならなかった。(この試合は)良いスタートだね」

Aリーグに所属するUEFAネーションズリーグでは連敗中であり、3試合消化時点で勝ち点1で最下位に沈むドイツ。Bリーグ転落の危機に陥る中、今回の親善試合での完勝で調子を取り戻せるのだろうか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる