香川真司、サラゴサと契約解除で合意か…カタールから年俸4億円オファーもスペイン残留希望

コメント()
Zaragoza-Kagawa-real-6
(C)MutsuFOTOGRAFIA
【欧州・海外サッカー ニュース&移籍情報】スペイン『as』は、香川真司とレアル・サラゴサの契約解除は間もなく発表されると報道。現在はサバデルが関心を示しているようだ。

日本代表MF香川真司は、レアル・サラゴサ退団に近づいているようだ。スペイン『as』が伝えている。

昨夏にドルトムントからサラゴサに加入した香川。大きな期待を受けながらスペイン2部で31試合に出場して4ゴールをマークしたものの、シーズン中に浮き沈みもあり、目標としていた1部昇格に導くことはできず。契約は2021年まで残るものの、退団の可能性が先日から報じられていた。

そして29日、『as』は香川とサラゴサが契約解除で合意に達したと伝えた。サラゴサは香川の現在の年俸60万ユーロ(約7400万円)と、新天地で受け取ることになるサラリーの差額を支払うことになるようだ。

また同メディアによると、香川はカタールのクラブから年俸300万ユーロ(約3億7000万円)の高額オファーがあるものの、スペインでのプレーを決断しているという。直近では今季2部に昇格したサバデルが関心を示しているが、サラゴサが支払っていた年俸60万ユーロを提示するクラブはないようだ。そのため、新天地決定後にサラゴサは6カ月以上かけて3分割で差額を支払うことになると伝えている。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる