ジェラード・レンジャーズが強すぎる!公式戦21戦18勝無敗、クリーンシートは「17」に

コメント()
Gerrard-defoe-rangers
(C)Getty Images
【欧州・海外サッカー ニュース】リヴァプール(プレミアリーグ)のレジェンド、スティーブン・ジェラードが指揮を執って3シーズン目。リーグ戦では13勝2分けと敵なし、11ポイント差で首位を独走している。

スティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズが、圧倒的な強さを見せている。

2018年に就任したジェラード監督の下、3シーズン目を迎えたレンジャーズ。今夏の移籍市場では、昨季レンタルで所属していた大ベテランFWジャーメイン・デフォーをフリーで獲得し、ルーマニア期待の若手MFヤニス・ハジを加えるなど、チーム強化に成功して2020-21シーズンをスタートさせた。

すると、8月1日のスコティッシュ・プレミアシップ開幕戦を1-0で勝利。そしてそれ以降、リーグ戦では第15節消化時点で13勝2分けと圧倒的な成績を収め、勝ち点41で首位を独走している(2位セルティックとの差は11)。ホーム戦は8試合全勝、28得点無失点と驚異的な成績だ。アウェイ戦5試合でも13得点3失点、得失点差は+38と、攻守で素晴らしいスタッツを残している。

また、レンジャーズは今季ヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦から戦っている。2回戦ではジブラルタルのリンカーンを5-0で下すと、3回戦はオランダのヴィレムに4-0と快勝。プレーオフではトルコの強豪ガラタサライに勝利(2-1)して本戦出場を決め、グループリーグでも3節消化時点で2勝1分け。首位ベンフィカと同勝ち点で並んでいる。

チーム内得点王は、主将を務めるジェームズ・タヴェルニエ。右サイドバックながら、公式戦21試合で13ゴール9アシストと、エースストライカー並みの活躍を披露。リーグ戦では15試合9ゴールで、得点ランクトップを走っている。

レンジャーズの今季成績は、公式戦21試合で18勝3分け。58得点7失点、クリーンシート数は「17」と圧巻。イングランドのレジェンドに率いられたチームは、今季スコットランドだけでなくELも席巻するかもしれない。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる