武藤嘉紀退団予想のニューカッスルがイングランド代表FW獲得へ…28億円でボーンマスと合意

Callum Wilson, Bournemouth
Getty
【欧州・海外サッカーニュース&移籍情報】オフェンス陣の補強が急務のニューカッスル・ユナイテッド入りに近づくカラム・ウィルソンは、7日にメディカルチェックに臨むようだ。

ニューカッスル・ユナイテッドがカラム・ウィルソン獲得に近づいているようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

昨シーズンにプレミアリーグからの降格が決まったボーンマスで公式戦9ゴールを挙げる活躍を見せたウィルソン。2018年からはイングランド代表でもプレーする28歳のストライカーは、新シーズンからチャンピオンシップ(英2部)でのプレーを強いられることからすでにマンチェスター・シティに移籍したナタン・アケなどとともに退団することが濃厚と考えられている。

プレミアリーグでの経験があるボーンマスFWに対しては、今夏の移籍市場でニューカッスルやアストン・ヴィラが興味を示すと報じられてきた。一時は、ディーン・スミス監督率いるクラブが2100万ポンド(約30億円)のオファーを提示して優位に立っていたが、このオファーを取り下げたようだ。

そして、現段階でニューカッスルがウィルソン獲得レースの本命となり、ボーンマスが2000万ポンド(約28億円)のオファーを受け入れた模様。また、イギリス『スカイスポーツ』によると、同選手は7日にクラブ選手間の契約交渉とメディカルチェックに臨む見込みだ。

昨シーズン、最終的には13位に入ったニューカッスルだが、得点数はリーグワースト4位の38点と今夏の移籍市場でオフェンス面の改善が求められる。中でも、クラブ史上最高額で獲得したジョエリントン、アンディ・キャロル、ドワイト・ゲイル、武藤嘉紀による前線は、4人で6ゴールしか奪えていないなど不振にあえいでおり、またゲイルに至っては長期離脱が予想され、武藤は退団が報じられるなど、新ストライカーの獲得が急務だ。

また、スティーヴ・ブルース監督は、今夏に契約満了に伴いボーンマスから退団したスコットランド代表MFライアン・フレイザーの獲得にも興味を持つようだ。

プレミアリーグ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶プレミアリーグ観るならDAZN。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です

閉じる