ニュース ライブスコア
セリエA

12戦無敗から一転…ミランがサッスオーロに逆転負けで連敗。スカマッカ弾丸ミドルなどに屈する

0:56 JST 2021/11/29
 ibrahimovic milan sassuolo
【欧州・海外サッカー ニュース】セリエAは28日に第14節が行われ、ミランとサッスオーロが対戦した。

セリエAは28日に第14節が行われ、ミランとサッスオーロが対戦した。

前節初黒星を喫したが、直近のチャンピオンズリーグでアトレティコ・マドリーを下しているミラン。リーグ戦でも勝利を取り戻したい一戦では、最前線にイブラヒモヴィッチが入った。そして、守護神メニャンがケガから約1カ月ぶり復帰し、先発に名を連ねている。

試合序盤から押し込んでいくミランは、イブラヒモヴィッチや先発抜擢のバカヨコのミドルなどでサッスオーロゴールを脅かす。10分過ぎからはサッスオーロのカウンターでピンチを迎える場面もあったが、21分に先制に成功。CKからテオ・エルナンデスのクロスをニアのロマニョーリが頭で合わせた。主将の一発で、ホームチームが先手を取る。

しかし、リードは長く続かない。24分、ビルドアップの場面でボールを奪われると、最後はスカマッカに強烈な弾丸ミドルを叩き込まれ、すぐさま追いつかれる。そして33分、CKのこぼれ球を再びスカマッカに決められ、逆転を許した(記録はオウンゴールに)。ビハインドを背負い、前半を折り返す。

劣勢のミランは、後半頭からバカヨコとブラヒム・ディアスに代えてケシエ、そしてアトレティコ戦で決勝点を奪ったジュニオール・メシアスを投入。逆転を目指す。55分にドリブルからレオンがシュートを放つが、これは枠の右へ。ミランはさらに60分にベナセルに代えてトナーリをピッチに送り、状況の打開を図る。その直後にボックス内でチャンスを作ったが、生かすことはできなかった。63分のイブラヒモヴィッチのミドルも枠を外れている。

すると66分、痛恨の3失点目。一度相手の攻撃を止めたが、ケシエがボールロスト。最後はボックス内でロマニョーリがかわされ、角度のないところからベラルディにシュートを流し込まれた。ミランは2点ビハインドを背負うことになる。

苦しくなったミランは、74分にメシアスがチャンスを迎える。しかし77分、自陣ボックス手前でかわされたロマニョーリが相手を後ろから止め、決定機阻止で一発退場に。数的不利に陥り、このまま1-3で敗れている。

ミランは開幕12試合無敗(10勝2分け)だったが、前節に続き連敗。勝ち点32のまま停滞。この後試合を控えるナポリ(同32)に離される可能性がある他、3位インテルとの差が「1」にまで縮まった。

■試合結果

ミラン 1-3 サッスオーロ

■得点者

ミラン:ロマニョーリ(21分)

サッスオーロ:スカマッカ(24分)、オウンゴール(33分)、ベラルディ(66分)