6戦連続先発のサンプドリア吉田麻也に伊メディア「ストイック。最高のコンディション」

コメント()
2020-07-20-sampdoria-maya-yoshida
(C)Getty images
【欧州・海外サッカーニュース】サンプドリア(セリエA)の吉田麻也はパルマ戦にフル出場したが、イタリアメディアはそのパフォーマンスを採点した。

19日のパルマ戦にフル出場したサンプドリアの日本代表DF吉田麻也について、『ユーロスポーツ』イタリア版などが評価を下した。

サンプドリアは19日、セリエA第34節においてパルマと敵地で対戦。前半に2点を失い追う展開となったが、後半開始直後にDFユリアン・シャボーがヘッドでセリエA初ゴールをマークして1点を返すと、37歳のFWファビオ・クアリャレッラおよびFWフェデリコ・ボナッツォーリが得点を挙げて、3-2と逆転勝利を収めた。サンプドリアはこれにより、パルマをかわして13位へと浮上。降格圏のレッチェとは12ポイントの差をつけ、セリエA残留を確実なものにした。

吉田は6試合連続で先発してフル出場。イタリアメディアは「7」と高評価を与えている。「ストイックなクリアに教科書のようなクロス。ヘディングではゴールもかすめた。元サウサンプトンの日本人DFは、最高のコンディションにあることを証明した」と称えた。なおチーム内最高評価はクアリャレッラの「8」。最低評価はMFガストン・ラミレスおよびMFファビオ・パオリの「5」だった。

『トゥット・メルカート・ウェブ』は合格点の「6」と採点。しかし寸評においては、「前線のあらゆる場所に顔を出す(ジャンルカ)カプラーリに手を焼く。攻撃参加がやや多すぎたことで、監督に冷や汗をかかせた」と懸念材料を指摘した。このほか『メディアセット』は「6.5」と高い評価を与えた一方、『スカイスポーツ』は「5.5」と採点。及第点にやや満たないパフォーマンスだったと判定するなど評価は分かれた。

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です

閉じる