Let's Vote Now!!/TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD ポジション別 ノミネート選手 紹介(DF編)

コメント()
タグ・ホイヤーがJリーグのクラブに所属する23歳以下の選手を表彰する『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD(タグ・ホイヤー ヤングガン アワード)』。2018年にDFのポジションからノミネートされた7人のディフェンダーは?

渡邊 泰基(アルビレックス新潟)RyomaWatanaeb_Niigata

果敢なオーバーラップが魅力の左サイドバックだ。アルビレックス新潟U-15から前橋育英高校に進学し、今季からプロとして新潟に帰還。JリーグYBCルヴァンカップでチャンスを得ると、夏頃からリーグ戦でも出場機会を得るようになっていった。その後はレギュラーの座を完全につかみ、最終的に26試合に出場。
持ち味である攻撃参加と左足の精度だけでなく、180cmの高さも備える現代的なサイドバック。左サイドでコンビを組み、今季10得点を挙げた同じくルーキーの渡邉新太との相性も良く、新潟のストロングポイントとなった。低迷を余儀なくされたチームにあって、まさに希望の光と言える活躍を見せただけに、来季以降のさらなる成長に期待が懸かる。(片村光博)

板倉 滉(ベガルタ仙台)KoItakura_Sendai

今季、川崎フロンターレから期限付き移籍で加入。元々川崎Fの育成組織で小学生から育ってきた板倉にとって大きな挑戦となるシーズンだった。
186cmの大型センターバックながら足元の技術に優れ、ビルドアップで持ち味を発揮できるタイプ。その個性は後方からしっかり組織的にゲームを作っていくことを志向するベガルタ仙台のチームスタイルにしっかりマッチしており、開幕から主力選手の一人としてプレーを続けることに。開幕の柏レイソル戦など重要なゴールも3つ記録し、「試合に出ることでしか感じられないものがある」と語る通り、充実の1年に。時に課題も突き付けられながら、着実な成長を見せるシーズンとなった。(川端暁彦)

橋岡 大樹(浦和レッズ)DaikiHashioka_Urawa

シーズン早々にユース時代の恩師である大槻毅氏がトップチームの暫定監督となり、橋岡自身も大抜擢を受けることに。本来はセンターバックでプレーすることの多い選手だが、大槻監督(当時)が買っていたのは何よりもその「ガムシャラさ」。右ウイングバックのポジションを託され、ひたむきなプレーと図抜けた運動能力を武器にJ1のステージを戦い抜いた。オズワルド・オリヴェイラ監督になってからも信頼は揺らぐことなく、結局リーグ戦25試合に先発出場を果たした。
またU-19日本代表としてもAFC U-19選手権での世界大会出場権獲得に大きく貢献。浦和でのアシストの少なさから、大会にまでクロスボールの個人トレーニングをしたがる向上心の強さには影山雅永監督も度肝を抜かれていた。(川端暁彦)

杉岡 大暉(湘南ベルマーレ)TaikiSugioka_Shonan

杉岡大暉の特長について曺貴裁監督と市立船橋高時代の恩師・朝岡隆蔵監督が口をそろえて言ったのが「同じ失敗を二度しない選手」ということだった。自分が失敗した理由をしっかり把握し、それを次のプレーに反映できるクレバーさがあり、そうやって自分で自分を成長させていくことができるのが杉岡の持つ特長だ。
失敗しないということはチャレンジをしないという意味ではなく、チャレンジを続けて自分の可能性を広げながら、なおかつ改善を続けられるという意味である。強烈な左足のキックや体の強さも確かな武器だが、それ以上に改善力の高さが杉岡の真骨頂だと言える。
高卒2年目を迎えた今季はルヴァンカップでもクラブの初優勝に大いに貢献。MVPを獲得してみせた。(川端暁彦)

宮原 和也(名古屋グランパス)KazuyaMiyahara_Nagoya

広島の育成組織で育ち、年代別日本代表選手としてU-17W杯に出場したほか、高校生の内からトップチームに帯同して練習を重ねる期待株だった。ただ、広島ではなかなか出場機会に恵まれず、昨季から名古屋グランパスへ期限付き移籍で加入。J2を戦うことになったチームにあって、DFの軸の一人としてブレイクスルーを遂げた。
今季はJ1でも質の高いプレーを披露。ボランチやセンターバックとしてもプレーできる選手だが、基本的には右サイドバックの位置でプレー。単純に上下動を繰り返すのではなく、右サイドから巧みにボールを持ちだして相手を引き付けてから展開するなど、ビルドアップの起点として機能するプレーが光る。(川端暁彦)

中谷 進之介(名古屋グランパス)ShinnosukeNakatani_Nagoya

2014年に柏レイソルの育成組織からトップチームへ昇格。当初はほとんど出場機会が訪れなかったが、持ち味の強いハートと向上心で着実にレベルアップを遂げると、2016シーズンからレギュラーに定着。繋げて競れる大型センターバックとして一気に評価を高めていった。リオ五輪日本代表からは惜しくも落選してしまったが、同年のJリーグ優秀選手に名を連ね、A代表に推す声もあった。
ただ、2018シーズンは出場機会を失う期間もあり、難しい時間を過ごすことに。6月から小学校時代から過ごした柏を離れ、完全移籍で名古屋へと籍を移すこととなった。
移籍後はすぐに風間八宏監督の信頼を掴んでセンターバックとして出場を重ね、最終節までの計17試合に出場。確かな存在感を示した。(川端暁彦)

舩木 翔(セレッソ大阪)ShoFunaki

C大阪U-18に所属する高校3年生だった2016年にAFC U-19選手権の日本代表メンバーに選出され、初優勝に貢献。翌年のU-20W杯でも活躍を見せた。馬力のある突破から繰り出す左足のクロスが最大の売りで、中距離からゴールを狙えるシュート力も備える。
今季はJ3においてC大阪U-23の一員として30試合に出場。ほぼフル稼働のプレーぶりを認められてアジア競技大会を戦うU-21日本代表にも招集を受けたが、無念の負傷辞退。代表復帰は果たせなかったが、そのポテンシャルの高さから、森保一監督も「ぜひ一度観てみたい」と語っている。
新監督を迎える来季はトップチームでのブレイクも期待される逸材だ。(川端暁彦)

【TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD】 
Jリーグの次世代を担う若い選手層の育成・Jリーグの発展を目的に、各メディア・著名人など、本企画に賛同するアワード サポーターが、J1、J2、J3のクラブに登録されている23歳以下の選手の中から候補者30名を選出。その後、一般投票を含む最終選考にて11名を選抜、2018年12月に表彰する。投票は こちら から。

TAG Heuer_Logo

次の記事:
広島と鹿島が出場するACLプレーオフのキックオフ時間が決定
次の記事:
大迫復帰。アタッカー陣はベトナムの5バックを攻略し、攻撃を活性化できるか?/アジア杯プレビュー
次の記事:
長友佑都、ベトナム戦の苦戦を予想「彼らは永遠に走れるんじゃないか…」
次の記事:
激突するミランとナポリ、現地記者が選ぶ両クラブの今季ベストプレイヤーは?
次の記事:
名古屋MF深堀隼平がポルトガル1部のヴィトーリアSCに期限付き移籍が決定「自分の武器にさらに磨きを…」
閉じる