J2残留のFC岐阜、大木武監督の来季続投が決定。3年目に突入へ

最終更新
コメント()
FC岐阜が大木武監督の来季続投を発表した。

FC岐阜は9日、大木武監督との契約を更新したと発表した。

大木監督は静岡県出身の57歳。現役時代は川崎フロンターレの前身である富士通でプレーし、1991年から指導者に転身。ヴァンフォーレ甲府、清水エスパルス、川崎フロンターレU-18、京都サンガF.C.、ジュビロ磐田U-18の監督を歴任し、2017年に岐阜の監督に就任した。2年目の今季は明治安田生命J2リーグで2試合を残して20位に位置し、J2残留を決めている。大木監督はクラブ公式サイトを通じ、以下のようにコメントしている。

「今シーズンは思い通りの成績を収めることができず、私自身大変悔しい思いでいっぱいです。その中で、来シーズンもチャンスを頂きましたので、もっと多くの勝利を手にしてファン・サポーターの皆さんに喜んでいただき、チームの成績が上がるように、そして多くの感動をお届けします。残り2試合ありますし、今シーズンはホームが最終戦となります。最後の最後ですが皆さんぜひ応援に駆けつけてください。よろしくお願いいたします」

岐阜は次節11日に10位・水戸ホーリーホックと対戦する。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
「CL制覇を求めて退団するかも…」元コーチがデ・ヘアの去就に言及
次の記事:
「何とも言い難いですが…」 大迫勇也、流行語大賞候補について言及…南野拓実がゴールを量産しているワケも語る
次の記事:
最終ラインは3枚か、それとも4枚?吉田麻也「現代の3バックはそんなに簡単じゃない」
次の記事:
バイエルン、ラムジー争奪戦に勝利か…フリーでドイツへ?
次の記事:
若きJリーガーのベストイレブンを決める『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD』の開催が決定!!
閉じる