J1はダービー2発の清水FW北川航也が受賞!J2は4戦3発の大分FW三平和司に決定【Jリーグ月間MVP:10月】

最終更新
コメント()
Jリーグは9日、10月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。

Jリーグは9日、10月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表。J1は清水エスパルスのFW北川航也、J2は大分トリニータからFW三平和司が選出された。

■北川「チームを引っ張っていく存在に」

清水は10月の2試合で連勝を飾り、現在は4試合無敗で7位まで浮上。北川は10月の2試合で3ゴールをマークし、チームの躍進に大きく貢献した。さらに、10月の日本代表メンバーにも追加招集され、11月のキリンチャレンジカップ2連戦にも選出。自身初の二桁得点達成も、大きなアピール材料となった。

とりわけJリーグ選考委員会は、「静岡ダービーでの2得点2アシスト、首位争いをしている広島との対戦で先制点を決めるなど、10月はここぞという舞台で活躍を見せ、大きなインパクトを残した」とその活躍を称賛。

続けて「ジュニアユースから清水エスパルス一筋で、アカデミー時代にはタイトルや年代別代表を経験。トップチーム昇格後、徐々に出場機会を増やし、今シーズンは10月終了時点で29試合出場12得点と今やチームを代表するストライカーとして成長した。シーズン終盤の大舞台での活躍と、今シーズンを通じての成長に評価が集まり、10月の月間MVP選出となった」と選出理由を記した。

月間MVP初受賞となる北川は「これは自分の力だけで頂くことはできませんでした。共に戦ってくれたチームメイトやスタッフ、エスパルスサポーターの皆さんの支えがあっての受賞だと思っていますので、感謝しています」と謝意を示し、「これからもチームで結果を残し続けるとともに、さらに自分に磨きをかけてステップアップできるよう精進してきます。そしてチームを引っ張っていく存在になれるよう頑張ります」と意気込んだ。

■三平「簡単にもらえるものではない」

そして、J2からは優勝争いを演じる大分から三平が選出。10月の全4試合に出場し3得点をマーク。選考委員会は「千葉戦では開始早々のゴール、首位争いをする松本戦では決勝点を決めるなど、チームが勢いづく活躍を見せた」と称えた。

「献身的なプレーでボールを追い、チャンスを見逃さず、時には体を張ってゴールを決めるプレースタイルに加え、インタビューやファン・サポーターへのパフォーマンスで見せる明るいキャラクターでピッチ内外でムードメーカーに。優勝争い、昇格争いのプレッシャーの中で、チームを引っ張る姿にも注目が集まり、今回の受賞に至った」と、プレーだけではなく、明るい雰囲気でチームをけん引する人間性も評価されての選出となった。

J1で受賞した北川と同じくMVP初受賞となった三平。「たくさんの活躍されている選手の中から月間MVPに選んでいただきとても光栄に思っております。簡単にもらえるものではないので、将来子供が大きくなったら、『2018年10月のJ2月間MVPは俺だったんだぜ!』って自慢したいと思います」と喜びを語った。

最後に「今後も選ばれるように、また、残り2試合で自分たちの目標が達成できるように頑張りますので、引き続き応援してください」と、佳境を迎えるJ2優勝争いに向けてファン・サポーターへのサポートを呼びかけた。

「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」は、各月の明治安田生命J1・J2リーグにおいて最も活躍した選手を表彰。受賞選手には賞金として、J1は30万円、J2は20万円が授与される。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

C大阪vs川崎F戦を無料放送。J1第32節の試合日程・放送予定・見どころはこちらから!

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
バイエルン、ハメスの買い取りオプション行使なしか…代わりに狙うのは国内ライバルの新星
次の記事:
今季初ゴールの宇佐美貴史、フォルトゥナ指揮官は満足「後半戦のフォームに近づいている」
次の記事:
プリシッチ、プレミアリーグが夢であること隠さず「そこでプレーしない理由がない」
次の記事:
「CL制覇を求めて退団するかも…」元コーチがデ・ヘアの去就に言及
次の記事:
「何とも言い難いですが…」 大迫勇也、流行語大賞候補について言及…南野拓実がゴールを量産しているワケも語る
閉じる