Jデビューのイニエスタ「残念な結果になった」…次戦でのより良いプレーを確信とも

コメント()
(C)J.LEAGUE
神戸MFイニエスタがJリーグデビュー戦を振り返った。

明治安田生命J1リーグ第17節が22日に行われ、ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸と湘南ベルマーレが対戦した。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのJリーグデビューが注目された一戦は、アウェイの湘南が3-0で完勝という結果に終わった。

ノエスタには今季最多となる2万6146人の観客が詰めかけた中での敗戦。神戸の吉田孝行監督も「たくさんの方々が入ったホームゲームで、0-3という情けない試合をしたことを本当に申し訳なく思っています」と述べた。

0-2で迎えた59分、吉田監督はFW渡邉千真と交代でイニエスタをピッチに送り出す。その狙いについて吉田監督は、次のように答える。

「彼とコンディションの話をしたが、やっぱり30分くらいが限界なのかなと感じた。彼が必要だった展開だったので30分間プレーしてもらったのですが、自分のプレーを淡々とやるタイプだと思っています。随所に良いプレーもありました。しかし、準備期間がやっぱり短かった。周りの選手がこういうパスを出してくる、というのがもう少し分かれば、より良い反応ができたと思います。これから時間が経つにつれて良くなっていく」

イニエスタはどのように感じていたのだろうか。イニエスタは試合後の会見で「自分がトップの状態には到達していないと感じています」と明かす。その一方で「次の試合まで1週間あります。90分間出場できるかは分かりませんが、仲間たちと練習を行い、自分のコンディションを上げ、より良いプレーができると確信しています」と続けるなど、次戦に向けた意欲を示した。

自身の役割については「これまでの役割と同じく、中盤から前線に掛けての“要”になるようなプレーをしたい」と語る。しかし、デビュー戦となった湘南戦については「(連係含めて)ベストコンディションではなかったので、チームが負けている時に入るのは難しかった」と認める。それでも「できるだけ前を見て攻撃を組み立てること、そして縦へのパスを探すようなことを心掛けた」と、自身のプレーを振り返った。

Jリーグの感想やスペインとの比較については「違いを分析するのは早い」としながらも、「フィジカルやアビリティの高い選手が多い」と、Jリーグのレベルを評価。また、22日に同じくサガン鳥栖でJリーグのデビューを果たしたフェルナンド・トーレスについては「大切な友人なので、彼がデビューできたことも喜んでいます」とコメントした。

ホームスタジアムで温かい歓迎を受けたことに感謝を述べつつも、「私は負けることが好きではない。チームとしては残念な結果になった」と語るイニエスタ。「これから始まる、素晴らしい物語の第一歩」と、すでに次戦を見据えた。

神戸の次節は28日、ノエスタに柏レイソルを迎える。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる