F・トーレス、長崎との残留争い直接対決を制し喜び爆発「権田さんが本当に頑張った」

コメント()
©J.LEAGUE
シックスポインターを制した鳥栖。フェルナンド・トーレスも喜びを表した。

サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスが、V・ファーレン長崎戦の勝利に喜びを爆発させた。

鳥栖は4日に行われた明治安田生命J1リーグ第31節で最下位・長崎に1-0で完封勝利。2連勝とし、降格圏を脱出した。この試合でフル出場したF・トーレスは、「厳しい条件にもかかわらず勝ち点3が取れたので本当に嬉しい」と喜んだ。

「試合の前から、今日の試合は絶対勝たなきゃいけないということをみんな分かっていた。今日の試合はファイナル、決勝戦みたいな。頑張ったので嬉しい」

16位vs18位、まさにシックスポインターのゲームでキャプテンマークを巻いたF・トーレス。コーチから主将について聞かれ、他の選手やスタッフのことを考えて「一度は断った」が、最終的にはその重責を担った。「(主将を務めることは)私にとって本当に嬉しいこと。責任感も持っていましたし、自分にとっての誇り」と振り返った。

試合は原川力の執念が実ったゴールで競り勝つ厳しい一戦だった。F・トーレスは「特にGKの権田さんが本当に頑張ったので、それで試合に勝てた」と、守護神に惜しみない賞賛の言葉を送った。

対戦相手の長崎には同じスペイン出身のファンマが出場していた。F・トーレスは長崎のエースと「日本での生活とか、サッカーのやり方」を会話したという。その上で「長崎もそうだけど、今降格圏にいるので、お互いに頑張りましょうと」健闘を称え合ったことを明かした。

これで鳥栖は、マッシモ・フィッカデンティ前監督から金明輝監督にバトンタッチして2連勝。元スペイン代表ストライカーは最後に「残り試合全部勝たなきゃいけない。頑張ります」と、闘志を燃やしていた。

鳥栖は次節、F・トーレスと同じく長らくスペイン代表として、名を馳せたアンドレス・イニエスタ擁するヴィッセル神戸と10日にアウェイで対戦する。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる