DAZN、2017-18シーズンのブンデスリーガ独占ライブ配信を発表

コメント()
Getty Images
DAZNが新シーズンのブンデスリーガ独占放映を発表。香川、長谷部、内田、鎌田ら日本人選手の活躍を見られるのはDAZNだけとなった。

DAZN

スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、8月19日より開幕する2017-18シーズンのブンデスリーガを独占ライブ配信することを発表した。

DAZNは昨シーズンからドイツのブンデスリーガやイタリアのセリエA、スペインのラ・リーガ、フランスのリーグ・アンといった欧州のトップリーグの放映を開始。さらに先日には、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、スーパーカップの2018-19シーズンからの放映権も獲得し、欧州の主要なコンペティションをほぼ網羅している。

ブンデスリーガは昨シーズン、バイエルンの5連覇で幕を閉じた。ハメス・ロドリゲス、コランタン・トリッソ、ニクラス・ズューレといった実力者を獲得したバイエルンが新シーズンもリーグをけん引すると見られるが、香川真司が所属するドルトムントや、昨シーズン躍進したRBライプツィヒ、ホッフェンハイムにも注目が集まる。

また、契約を2020年まで延長した香川真司や復活を目指すシャルケのDF内田篤人、欧州初挑戦のフランクフルトMF鎌田大地ら日本人選手からも目が離せない。今回の独占契約により、彼らの活躍が見られるのはDAZNだけとなった。

今回の発表に際して、DAZNのジェームズ・ラシュトンCEOは以下のように語っている。

「私達は、日本のスポーツファンの皆様に人気のあるコンテンツをご提供することでDAZNをよりお楽しみいただけるよう、コンテンツラインアップを充実させることを目指しております。ブンデスリーガは、世界最高峰のリーグであり、皆様にお楽しみいただけることと確信しております。DAZNは、スポーツファンの皆様のライフスタイルに合わせて、テレビやスマートフォン、タブレット、PCなどのマルチデバイスで、いつでも、どこでも魅力的な価格でご利用できるサービスをご提供することを今後も目指していきます」

また、日本においては2017年シーズンから10年間にわたりJリーグの放映権を取得。今シーズンから明治安田生命J1・J2・J3のリーグ戦の全試合ライブ放映を行っている。国内・海外ともに豊富なコンテンツをそろえていることで、日中〜夜はJリーグ、夜からは欧州のトップリーグ、そして夜中にはチャンピオンズリーグとサッカーざんまいの一日を送ることも可能だ。

DAZN

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
「見逃し配信はいつまで?」DAZNに関する4つの疑問にCEOらが回答
DAZNの月額料金は?Jリーグやラ・リーガを放送、お得に見る方法も?
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介

次の記事:
ユーヴェ指揮官、C・ロナウドのPK失敗に「実は朝の練習でも失敗だったんだ」
次の記事:
「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める
次の記事:
昌子源が公式戦2試合連続フル出場…トゥールーズが延長PK戦を制しフランス杯16強進出
次の記事:
カタールからの関心も、中島翔哉の選択肢はあくまで欧州のみ…本人が明言
次の記事:
未だ行方不明のカーディフFW…古巣ナント指揮官ハリルも悲痛「最悪の事態だと思われる」
閉じる