ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

【CLグループF展望】大本命のマンチェスター・C、2位を争うのはダークホース候補3チーム

17:40 JST 2018/09/19
2018-09-16-groupF

グループFはマンチェスター・シティが頭一つ抜き出て、残り一枠をシャフタール・ドネツク、リヨン、ホッフェンハイムで争う様相となりそうだ。※文中のオッズは『Sky Bet』、18日午後現在

■本命:◎マンチェスター・シティ(優勝オッズ:5.5倍)

今シーズンもマンチェスター・シティは安定した強さを誇る。プレミアリーグ4試合で3勝1分け。ウォルヴァーハンプトン相手に取りこぼしたが、それも微妙な判定のゴールが認められたことによるものだった。内容を見れば、どの試合も完勝と言っていいもので、着実にジョゼップ・グアルディオラ色が浸透している。

昨シーズンと比較して変わったメンバーは2名。一人はついにステップアップを果たしたリヤド・マフレズ、そして長期の離脱から復帰したDFバンジャマン・メンディである。前者はレスター・シティで見せていたプレーぶり、そしてペップが求めるアタッカー像を考えたとき、ハマることを想像するのは容易だった。ここまで4試合でゴールにこそ絡めていないが、後半戦に入れば、貴重なピースとなっていることだろう。

しかし、後者に関しては未知数だった。指揮官の重視する戦術理解度もそれほど高くないと伝えられていたが、蓋を開けてみると、ここまで全4試合で先発。昨季、“偽SB”でブレイクしたファビアン・デルフがベンチへ追いやられている。メンディは純粋なウィンガーとしてのサイドバックもこなせる身体能力の高さもありながら、ときに意外なポジショニングを見せ、相手を混乱に陥れる。ペップをして「殺したくなるときもある」と語られるメンディだが、すでにチームにとってなくてはならない存在となっている。

■対抗:◯シャフタール(優勝オッズ:501倍)

2位に入る筆頭と見られているのがシャフタール。チャンピオンズリーグでベスト8と躍進した昨季から戦力に大きな変化はない。加えて、昨シーズンもグループステージでマンチェスター・シティと対戦しており、1勝1敗。プレミアリーグ王者を相手にそれほど苦手意識を持たずに戦えることはポジティブな材料だろう。

■3番手:▲リヨン(優勝オッズ:101倍)

未知数と言えるのがリヨンとホッフェンハイム。リヨンが最後にチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに進出したのは2012年のこと。一方、ホッフェンハイムは初の出場となる。

リヨンは昨シーズン、エースとして活躍したマリアーノ・ディアスがレアル・マドリーへと復帰。一方で、セルティックから後釜としてムサ・デンベレを獲得し、ナビル・フェキルやメンフィス・デパイといった主力の残留にも成功した。攻撃陣は欧州カップ戦でも通用する陣容を揃えているだけに、課題は守備となるだろうか。

■穴:△ホッフェンハイム(優勝オッズ:251倍)

ホッフェンハイムは選手に着目するより、ユリアン・ナーゲルスマン監督を見るべきだろうか。来シーズンからRBライプツィヒへ行く指揮官にとって、ホッフェンハイムでは最初で最後のCL挑戦。マルク・ウートがシャルケへと移籍したものの、ワールドカップでも活躍したアンドレイ・クラマリッチは残留。また、ナーゲルスマン監督の求めるサッカーを実践する上で重要な後方の選手たちが軒並み残り、期待は高まる。グアルディオラとの頭脳戦には注目が集まるところで、守備から見事に“はめて”いくスタイルでジャイアントキリングもあるかもしれない。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ