「選手たちは長身で、残忍で、本当に速い」ヴェルナーが"現実を突きつけられた”プレミアリーグに言及

Timo Werner, Chelsea, Champions League 2020-21
Getty
【欧州・海外サッカーニュース】チェルシー(プレミアリーグ)に加入したティモ・ヴェルナーだが、ここまでリーグ戦5ゴールのみと苦戦が続く。

チェルシーのティモ・ヴェルナーが、プレミアリーグでの苦戦について心境を吐露した。

昨シーズンのRBライプツィヒでの活躍を受け、高額な移籍金で鳴り物入りでチェルシーに加入したヴェルナー。しかし、プレミアリーグでの適応に苦しむ同選手は、リーグ戦出場14試合連続無得点の期間も過ごし、5ゴールのみと期待されていたほどの活躍を残せていない。

フランク・ランパード政権下での不振の戦犯の1人とも批判されたドイツ代表ストライカーは『キッカー』で「当初、勝手なイメージだけど、僕はここでもやってきたことを続けられると思っていた。でも、この数カ月間で現実を突きつけられた」と話し、イングランドでの苦悩を続けた。

「ディフェンダーを含めた選手たちは1.9メートルの身長で、フィジカル的に残忍で、本当に速い。プレミアリーグの強度は本当に印象的だ」

また、繰り広げられる批判については「もちろん、間違いなくスーパーストライカーと呼ばれることがもうないことには気が付いている。複数のゴールを奪うことですべてのプレッシャーを追いやらなければいけない」と話した。

プレミアリーグ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶2020-21 プレミアリーグ DAZN完全独占!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる