C・ロナウド、CLではチームの得点占有率75%...リーガにおいては4%

コメント()
Getty images
グループH第5節でアポエルと対戦するレアル・マドリー

彼はもう、終わった選手なのだろうか。チャンピオンズリーグ(CL)の一戦を前に、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドに注目が集まっている。

先のマドリード・ダービーでアトレティコ・マドリーに引き分け、リーガエスパニョーラで首位バルセロナに勝ち点10差と大きく水をあけられたマドリー。不調の原因はC・ロナウド(リーガ1得点)、FWカリム・ベンゼマ(1得点)ら前線の選手の決定力不足だ。

批判を浴びるC・ロナウドだが、CLではマドリーの8得点中6得点がC・ロナウドのものだ。チームにおける得点占有率は75%である。一方、リーガでは22得点中1得点で、C・ロナウドの得点占有率は4%まで下がる。

マドリーは20日、CLグループH第5節で敵地を訪れてアポエルと対戦する。C・ロナウドはここで得点を挙げ、25日のリーガ第13節マラガ戦に向けて勢いをつけなければいけない。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“MCN”揃い踏み!PSG、クラブ記録に並ぶ9-0の圧勝…首位独走で2位とは13ポイント差に/リーグ・アン第21節
次の記事:
乾貴士、アラベス移籍が決定か…バスク公営放送が報じる
次の記事:
仏1部デビューを飾った昌子源、トゥールーズ初先発で残したスタッツとは?
次の記事:
無観客処分も、子供12000人を招待!インテル、“いつもと違う”ホームでスコアレス/セリエA第20節
次の記事:
昌子源が仏1部デビュー!落ち着いたプレーでトゥールーズの3試合ぶり勝利に貢献…味方をなだめる場面も/リーグ・アン第21節
閉じる