アーセナル、ハフィーニャ獲得へリーズに正式オファーか…しかし本人の希望はバルセロナとも

Raphinha

アーセナルは、ブラジル代表FWハフィーニャ獲得へ向けてリーズへ正式なオファーを送ったようだ。『The Athletic』が伝えた。

来季こそチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指し、夏の移籍市場で積極的な動きを見せているアーセナル。すでにポルトガルU-21代表MFファビオ・ヴィエイラの獲得を決め、さらにマンチェスター・シティとFWガブリエウ・ジェズス獲得へ向けて交渉を続けていることが『GOAL』の取材でわかっている。

そして、ミケル・アルテタ監督らクラブ内で高く評価されているハフィーニャの獲得へ向け、正式なオファーを提示したようだ。『The Athletic』によると、アーセナルは21日にリーズと接触し、オファー内容を伝えたという。

広告

しかし同メディアによると、このオファーはリーズの評価額を大きく下回っており、拒否されることが濃厚な模様。また、ハフィーニャ本人はCL出場を望んでおり、第1希望はバルセロナのようだ。だが、バルセロナは財政難によって取引が複雑化しているという。

なおハフィーニャの第2希望はチェルシーであり、『The Athletic』は「CLと主要トロフィー獲得の可能性が高まる」と指摘。アーセナルとトッテナムも獲得を望んでいるが、選手の第1希望ではないようだ。