3戦4発から11月の連戦で不発…南野拓実、自分自身に辛口評価「全然パッとしてない。満足していない」

コメント()
(C)Getty Images

南野拓実は、個人のパフォーマンスを振り返り、「全然満足していない」と厳しい評価を下した。

日本代表は20日、キリンチャレンジカップ2018でキルギス代表と対戦した。試合は終始、日本が相手を圧倒。山中亮輔の日本代表デビュー弾を皮切りに、原口元気、大迫勇也、中島翔哉がゴールを奪って4-0で快勝した。

この試合、ベンチスタートとなった南野は、72分から途中出場。自身が投入されてから日本代表は追加点を奪ったが、南野は個人のパフォーマンスを振り返り、「全然満足していないです。今日もチャンスはあったんですけど、それを決めることができなかった。個人的には全然パッとしていないです」と厳しい評価を下した。

さらに、途中出場となった中で求められた役割に関して、「今日の試合に関しては、やることがはっきりしていました。試合を決めるっていう意味で送り出されると思いましたし、そこを見せることができるようにしたかったです。自分が入ってからゴールも入りましたけど、チャンスがあった中で決め切れなかった。そこは満足してないです」と、目に見える結果を残せなかったことを悔やんだ。

森保ジャパンの発足から3戦4発など躍動した南野だが、11月の2連戦ではゴールなし。アジアカップへのメンバー入りが濃厚とみられている中、本番に向けて再び気持ちを切り替えていきたいところだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる