290億円でネイマールを買い叩かれたバルサ...契約解除金を引き上げきれず失敗

コメント()
Getty images
契約延長の際に代理人を説得できず

今夏ネイマールをパリ・サンジェルマンに放出することになったバルセロナだが、昨年の契約延長時にある失敗を犯していたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

ネイマールはこの夏、契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)と引き換えにパリSGに加入。バルセロナは2016年11月にネイマールの契約延長を行った際、契約解除金を3億ユーロ(約400億円)まで引き上げる算段だった。

だがラウール・サンジェイ当時FD(フットボールディレクター)はネイマールの代理人を説得しきれず、2億ユーロから2200万ユーロアップした契約解除金2億2200万ユーロで新契約を締結した。最終的には、そこをパリSGに付け込まれ、ネイマールを買い叩かれた。あの時、契約解除金を3億ユーロに引き上げていれば、バルセロナは彼の移籍を阻止できたかもしれない。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ミラン、43億円で“レヴァ2世”獲得決定か…イグアインのチェルシー移籍も間近に
次の記事:
アジア杯準々決勝進出国が決定!優勝候補の日本、イラン、韓国、豪州が揃って8強へ
次の記事:
“ダークホース”カタールが豪快FKでイラクを下す!4試合クリーンシートで韓国との決戦へ
次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
閉じる