2018年最終戦で再び表れたドイツの悪癖…ヴェルナー「今年よく見られた試合。また間違った」

最終更新
コメント()
Getty
オランダ相手に2点リードを守りきれず…。

ドイツ代表が苦境に陥っている。ドイツ代表の面々も厳しい状況であることを認めた。ドイツ『ARD』が報じている。

ドイツは19日、UEFAネーションズリーグ最終戦でオランダと対戦。前半のうちにティモ・ヴェルナーらのゴールで2点リードを奪うも、終盤に2失点を許してドローに終わった。

ドイツは公式戦5試合勝利なしでネーションズリーグを終了。そして2018年の全日程も終えた。オランダ戦でフル出場したMFトニ・クロースは「試合を決められなかったのだからもちろん悔しい。3点目を決めなければならなかった。そうすれば、試合は終わっていただろう。ピッチにいる全員がいいプレーができていたと感じていたが、結果はそうはならなかった」と話している。

また、先制点を挙げたヴェルナーは、再びドイツの悪癖が出たことを認める。

「残念だ。2-1となっても、まだコントロールしており、決めるチャンスはあった。でも馬鹿げた得点を許し、苦い結果となった。今日のようなプレーをしていれば、最後の5分でリードを明け渡してはいけない。こういう試合は2018年でよく見られたことだ。よくやったと思うけど、最終的にはまた間違ってしまった」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ピャニッチ、ユーヴェの新旧リーダーに尊敬の眼差し「偉大なチャンピオンで模範」
次の記事:
12日にアジア杯の日本代表メンバー発表…23人の当落を徹底予想! ◎当確、◯有力、△微妙、☆サプライズ枠は?
次の記事:
3月に急逝の元伊代表アストーリ、地元検察が過失致死の疑いで医師2人を捜査
次の記事:
仙台、DF蜂須賀が右足首の靭帯損傷…全治まで2カ月の見込み
次の記事:
「コバチが原因ではない」マテウスが語るバイエルン不振の理由/独占インタビュー
閉じる