ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

「2日おきに戦うなんて不可能」3試合未勝利のチェルシー、指揮官コンテが過密日程を嘆く

8:18 JST 2017/10/21
Antonio Conte Chelsea
イタリア人指揮官は、過密日程の影響で昨季の70%未満のプレーしかできていないと語った。

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、過密日程の影響で十分なパフォーマンスができないと嘆いている。

昨シーズンのプレミア王者であるチェルシーは、現在リーグ戦2連敗を喫し、チャンピオンズリーグのローマ戦でも引き分けに終わるなど、3試合で勝利から見放されている。この結果を受け、イタリア人指揮官はジエゴ・コスタ、ジョン・テリー、ネマニャ・マティッチを失ったことが低迷を招いていると考えているようだ。

ワトフォード戦前の会見に臨んだコンテ監督は「クラブで功績を残した選手たちを多く失った。選手を入れ替えて今シーズンを戦っている。しかし、昨シーズンの70%未満のパフォーマンスしかできていない。2日ごとに試合を戦っていて、あのようにプレーするのは不可能だ。それに戦術的にも身体的にも戦い続けることは不可能だ」と主力の退団と過密日程がチームの状態を悪くしていると認めた。

続けて「細かなことにまで注意を向けてプレーできていないと思う。2連敗を喫し、引き分けた。私は選手たちの献身性に満足しているが、最後の試合結果には満足できない。2敗したリーグ戦での復調と勝利を求めている。集中力を高めて1試合1試合を戦いたいが、今はすべての敵を脅威に感じている。同じ選手で毎試合戦うことが問題で、それらの選手たちは十分なプレーができていない」と語った。

また、エンゴロ・カンテとヴィクター・モーゼスがハムストリングの故障を抱え、ダニー・ドリンクウォーターとダビド・ルイスはふくらはぎを、ティエムエ・バカヨコは鼠径部を負傷し、ワトフォード戦の出場は難しい状態。しかし、カンテは復帰に近づいているようで同指揮官は「彼はもう少しで復帰できそうだ。ローマ戦とマンチェスター・ユナイテッド戦に彼を起用できればハッピーだ」と話している。