ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

鹿島アントラーズ、またも優勝持ち越し…大宮はJ2降格が確定/J1リーグ第33節

15:37 JST 2017/11/26
2017-11-26-hiroshima
26日に明治安田生命J1リーグ第33節が8試合行われた。

26日に明治安田生命J1リーグ第33節が8試合行われ、首位の鹿島アントラーズは引き分けて優勝は決まらず。セレッソ大阪は勝利を収めて3位以内を確定させ、サンフレッチェ広島も白星でJ1残留を決めた。大宮アルディージャはJ2降格が確定。

横浜F・マリノスは5分、MF天野純がFKを直接沈めて先制。しかし、対するベガルタ仙台はセットプレーを生かして前半のうちに逆転に成功する。しかし88分に天野のシュートがオウンゴールを誘い、同点に。試合は2-2のドローに終わり、横浜FMが3位以内に入る可能性は消滅した。

勝てば優勝が決まる鹿島は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内を争う柏レイソルと対戦。柏GK中村航輔のファインセーブ連発もあってスコアレスドローに終わっている。鹿島の優勝決定はまたも持ち越しとなった。

大宮とヴァンフォーレ甲府はJ1残留をかけた直接対決。引き分け以下でJ2降格が決まる大宮だったが、最後まで決め手を欠いてスコアレスドロー。大宮の降格が確定した。

勝利でJ1残留が確定する清水エスパルスは、MF金子翔太とFW北川航也のゴールで2点を先行。しかし、J2降格が決まっているアルビレックス新潟も71分からの約20分間で3ゴールを奪う鮮やかな逆転劇。3-2で新潟が勝ち、清水のJ1残留は持ち越しとなった。

ガンバ大阪は北海道コンサドーレ札幌と対戦。72分に札幌がCKからFWジェイが先制点を奪い、これが決勝点に。1-0で札幌が勝利を収めた。

ACL圏内確保へ向け負けられないC大阪は、ヴィッセル神戸を迎えての一戦。11分にMF渡邉千真のゴールで神戸が先制するも、41分にFW杉本健勇、67分にはDFマテイ・ヨニッチが決めて試合をひっくり返した。杉本は87分にもゴールを挙げ、得点ランキング単独トップとなる22得点目。3-1でC大阪が勝利を収め、3位以内が確定した。

J1残留へ後がない広島は45分、MF柴﨑晃誠のゴールで幸先良く先制。59分にCKから失点を喫するも、66分にMF稲垣祥が勝ち越しゴールを奪った。ホームでの意地の勝利で勝ち点3を積み上げ、16位の甲府が引き分けに終わったため、広島のJ1残留が決定。

ACL圏内の可能性をわずかに残すジュビロ磐田はサガン鳥栖とのアウェイゲーム。開始早々にオウンゴールで磐田が先制すると、56分にはFW川又堅碁が押し込んで追加点。2-0で磐田が勝利を収めるも、4位以下が確定した。

試合結果は以下の通り。残りの1試合は29日に行われる。

明治安田生命J1リーグ第33節

11月26日
ベガルタ仙台 2-2 横浜F・マリノス
鹿島アントラーズ 0-0 柏レイソル
大宮アルディージャ 0-0 ヴァンフォーレ甲府
清水エスパルス 2-3 アルビレックス新潟
ガンバ大阪 0-1 北海道コンサドーレ札幌
セレッソ大阪 3-1 ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島 2-1 FC東京
サガン鳥栖 0-2 ジュビロ磐田

11月29日
浦和レッズ vs 川崎フロンターレ

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。