鳥栖移籍を決めたF・トーレス、最後まで心揺れた…「もう決まったこと」とシカゴ・ファイアーに断り入れる

コメント()
©Getty Images

サガン鳥栖移籍が決定したFWフェルナンド・トーレスは、最後まで移籍先を迷っていた模様だ。スペイン『マルカ』が報じた。

2017−18シーズン限りで心のクラブであるアトレティコ・マドリーを退団することを決断したF・トーレスには、サガン鳥栖のほか、アメリカのシカゴ・ファイヤーやオーストラリアのシドニーFCが興味を持っていたことが報じられていた。『マルカ』によれば、とりわけシカゴ・ファイアーの勧誘は凄まじいものであったという。

シカゴ・ファイアーは現在、アトレティコでF・トーレスのチームメートだったペリコ・パウノビッチ監督が率いているが、同指揮官は鳥栖移籍が正式に発表される直前まで、元スペイン代表FWの説得を行っていたとのことだ。

F・トーレスは鳥栖移籍の発表前日となる10日に同クラブのメディカルチェックを受けたが、その検査後にもパウノビッチ監督から電話を受けた模様。F・トーレスはパウノビッチ監督が説明したスポーツ面のプロジェクトに再び魅力を感じたようだが、「決断はほぼ下している」ともう後戻りはできないことを強調し、断りを入れたという。

なおF・トーレスと鳥栖の契約は1年半で、1年の契約延長オプションが付いている。

広告
Goal_worldcup_article_banner

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
「この移籍にも運命を感じている」。山中亮輔、赤いユニフォームをまとう決意
次の記事:
ハダースフィールドが新監督の就任を発表…36歳のドイツ人指揮官の下でPL残留を目指す
次の記事:
AFC規律委員会が北朝鮮代表に約143万円の罰金処分…出場国最多の警告&退場を記録
次の記事:
元伊代表DFが円熟期を迎えたキエッリーニに賛辞「美味いワインのようなトラクター」
次の記事:
NEXT GENERATION MATCHに出場する高校選抜候補メンバーを発表!選手権優勝の青森山田から最多の7人が選出
閉じる