ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

騒動の原因チェルシーコーチへモウリーニョが大人の対応「彼のキャリアを潰すようなことだけは…」

11:03 JST 2018/10/23
José Mourinho Chelsea Manchester United
イアンニ氏に対して、FAが処分を科す決定を下した。

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、騒動の発端となったチェルシーコーチを擁護した。

20日に行われたチェルシーとマンチェスター・Uの一戦で、終了間際にロス・バークリーが劇的な同点弾を挙げた直後に騒動が勃発。チェルシーのマルコ・イアンニ氏がベンチを飛び出して、モウリーニョ監督の前でガッツボーズを決めるなどの挑発行為を行い、同指揮官を激昂させる。これに対してマンチェスター・U指揮官は同氏に詰め寄ろうとし、スタッフやオフィシャルが制止に入るなど一触即発の事態となった。

これを受け、イアンニ氏はイングランドサッカー協会(FA)から処分を下されることが決定。一方のモウリーニョ監督は、FAから注意があったものの、それ以上の処分を科されることはないようだ。

不適切な振る舞いを行ったイアンニ氏は、試合後から非難に晒される。中には、元マンチェスター・Uのフィル・ネヴィル氏のようにチェルシーが同コーチを解任すべきだとの声も上がっている。しかし、試合終了後にイアンニ氏とマウリツィオ・サッリ監督から謝罪されたモウリーニョ監督は、イアンニ氏を擁護するコメントを残した。

「サッリの誠実さに感謝を表したい。それにチェルシーの誠実さにも感謝したい。しかし、彼をチームから遠ざけるようなことになれば幸せではない。これ以上の処分を彼が受けるべきだとは思えない。彼は私に謝ったし、私はその謝罪を受け入れた。彼にはセカンドチャンスが与えられるべきだ。それに彼がクビになるだけのことをやったとは思えない」

「青年のキャリアをつぶすようなことだけはしてほしくない。それにたぶん彼は最高の男で、最高のポテンシャルを持ったコーチだ。この話は彼の謝罪で終わった。彼に仕事をさせてやってほしい。誰だって間違いを犯す。私だって何度やったことか」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ