香川真司はバイエルン戦で先発なるか…ドルトムント公式はスタメンと予想

コメント()
Getty Images
ドルトムントvsバイエルンの大一番で、果たして香川は先発でピッチに登場するのか。

現地時間4日、ブンデスリーガ第11節でドルトムントはバイエルンとの大一番、“デア・クラシカー”を迎える。

今シーズンのマイスターシャーレの行方を占ううえで、重要な一戦となるが、ドルトムント公式は、香川真司がスタメン出場すると予想している。ドルトムントはバイエルン戦の出場予想フォーメーションを公式メディアに掲載。中盤の構成は香川真司、ヌリ・シャヒン、ラファエル・ゲレーロの並びで紹介している。

一方、現地メディア『キッカー』は香川真司をベンチスタートと予想。プレビューの特集では、中盤の構成はユリアン・ヴァイグル、ゴンサロ・カストロ、マリオ・ゲッツェの3枚となっており、香川はスタメンから外れると見ているようだ。

勝ち点20で2位のドルトムントは、この試合で首位バイエルンを下すと、勝ち点23で並び、得失点差で首位に躍り出る。果たして香川は先発でピッチに登場するのか。デア・クラシカーは、日本時間5日2:30キックオフとなる。

次の記事:
リッピ・マジック炸裂!中国が逆転勝利で準々決勝へ…タイは一歩及ばず
次の記事:
マンチェスター・Cが公式戦6連勝! 直近4試合で22ゴール&無失点と絶好調/プレミアリーグ第23節
次の記事:
マルセロ、ソラーリのレアルでアンタッチャブルではなくなる…2試合連続ベンチ要員に
次の記事:
コケ、わずか27歳でアトレティコ400試合出場を達成…「ここであと400試合に出られたら」
次の記事:
森保ジャパン、サウジに勝利なら準々決勝でベトナムと激突! ヨルダンとのPK戦の死闘を制して8強
閉じる