韓国紙が日本の“時間稼ぎ”を非難「スポーツマンシップに欠ける」「一番の被害者は観客」

最終更新
日本代表がポーランド戦で見せた終盤のボール回しを韓国メディアが痛烈に批判している。

28日に行われたロシア・ワールドカップのグループH最終節で日本代表はポーランド代表に0-1で敗戦。しかし、もう1試合のセネガルvsコロンビアでセネガルが敗れたため、警告数の差で勝り、2位で決勝トーナメント滑り込みを果たした。

韓国の『スポーツソウル』は、「日本がラウンド16に進出した」と報じながらも、終盤に最終ラインでボールを回して時間稼ぎをしたプレーを「スポーツマンシップに欠けた試合」と痛烈に批判している。

日本は後半にセットプレーからポーランドに先制点を献上してしまう。セネガルとコロンビアが引き分けていたため、一時は敗退の危機に瀕していたが、コロンビアが先制したため、日本は無理に攻めることなく、最終ラインでボールを回して時間を稼ぐプレーを見せた。結局試合はそのまま終了し、日本はポーランドに敗れたものの、セネガルも敗れたため、2大会ぶり3度目のベスト16進出を果たした。

「失点直後、日本は積極的にゴールを狙い、普通の試合だった。しかし、コロンビアが先制ゴールを決めたというニュースを聞くと、日本の態度は急変した。日本はこの結果に満足したかのように意欲のない試合をし、ポーランドもボールを奪おうとしなかった」

韓国の『スポーツソウル』がそう言って日本のプレーについて非難。続けて「夢の舞台でスポーツマンシップに欠ける試合がまた出てきた。今回は日本とポーランドが主人公だった」と批判を展開した。そして、一番の被害者は観客であることを強調した。

「一番の被害者は観客だろう。世界の祭りを見るために高価なチケットを払い、喜んで入場しているのに、血と汗の代わりに意味なく転がっていくサッカーボールを見るハメになった」

「スポーツマンシップが不足したスタジアムには観衆のブーイングでいっぱいとなった。スタンドからブーイングされても選手たちはものともしなかった。似たようなことはフランスとデンマークの試合でもあった。」

また、イギリスの『BBC』では元エヴァートンの選手であるレオン・オズマン氏は「本当に最後の10分は恥ずかしいような展開だった。ワールドカップでは見たくなかったし、茶番だよ」と批判するなど、終盤に見せた日本のプレーに賛否両論の声があがっている。

Goal_worldcup_article_banner  

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
過去のイングランド代表を回想するルーニー「なぜタイトルを獲れなかったのか…」
次の記事:
今季プレミアで初の監督解任…フラム新指揮官はレスターで偉業達成のラニエリ
次の記事:
メッシは世界ベスト10にも入らない?『Goal 50』で世界の記者は“レオ”をどう評価したのか
次の記事:
マラドーナ氏が思う世界最高の監督はペップではなく…「モウリーニョがNo.1」
次の記事:
日本代表の背番号が発表! 初招集の山中亮輔が5番…10番は引き続き中島翔哉
閉じる