韓国対ドイツの試合日程と放送予定/ロシアW杯グループF

Getty Images
2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループリーグも佳境。最終戦となる第3戦を迎える。強い緊張感と疲労の中で、勝利への執念を見せるのは韓国代表か、ドイツ代表か。ここでは詳細な試合情報および両チームの注目選手を紹介する。

●試合日程と放送局と試合会場

日本時間6月27日23時(現地時間27日17時)カザン・アリーナ(カザン)

放送局:NHK

●両チームのプロフィール

韓国代表(9大会連続10回目)

FIFAランク61位(2018年5月)。アジア最終予選は、イラン代表に次ぐ2位で通過。監督は、2017年7月から指揮を執るシン・テヨン、47歳だ。基本フォーメーションは「4-4-2」だが、3月の親善試合では「3-4-3」をテスト。強豪相手に、守備を固めてチャンスを待つ。

ドイツ代表(17大会連続19回目)

FIFAランク1位(2018年5月)。ブラジルW杯では、開催国のブラジル代表、アルゼンチン代表といった南米の強豪を下し、見事に優勝。ロシアW杯の欧州予選も、2位の北アイルランドに勝ち点11差を付け、首位通過を果たすなど、その強さに陰りはない。監督は2006年7月から指揮を執るヨアヒム・レーヴ、54歳。

●韓国代表の注目選手

FWソン・フンミン(トッテナム/イングランド)

1992年7月8日生まれ、25歳。183センチ、79キロ。
ハンブルガーSVやレヴァークーゼン(ともにドイツ)で実績を残し、イングランドに挑戦。イングランド代表FWハリー・ケインとともに、攻撃を支える1人。クラブでは左ウイングとしてプレーし、今季もリーグ戦二桁得点を挙げる活躍を見せた。

MFチョン・ウヨン(ヴィッセル神戸)

1989年12月14日生まれ、28歳。186センチ、78キロ。
京都サンガF.C.やジュビロ磐田にも所属。重慶力帆(中国)でプレーしていたが、今季より神戸でJリーグ復帰を果たす。神戸では3バックの中央を務めるが、韓国代表ではキ・ソンヨン(スウォンジー/ウェールズ)とともに、中盤の底を支える。

DFチャン・ヒョンス(FC東京)

1991年9月28日生まれ、26歳。187センチ、77キロ。
FC東京でキャプテンを務めるセンターバック。空中戦だけでなく、カバーリングやラインコントロールなどの能力も高い。FC東京や大宮アルディージャでプレーしたキム・ヨングォン(広州恒大/中国)とのコンビで、強力なアタッカーを封じられるか。

●ドイツ代表の注目選手

MFトニ・クロース(レアル・マドリー/スペイン)

1990年1月4日生まれ、28歳。183センチ、76キロ。
バイエルン・ミュンヘンで頭角を現し、14/15シーズンからはR・マドリーに移籍。欧州王者でもレギュラーを獲得するなど、最も完成されたMFの1人。精度の高いパスに、確かなポジショニング、それを支える広い視野。“皇帝”の称号にふさわしい。

GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/スペイン)

1982年4月30日生まれ、26歳。187センチ、85キロ。
マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)と最も過酷な正GK争いを演じる、バルセロナの守護神。“GKグローブをつけたメッシ”と称されるほど、足下の技術も確か。万全のコンディションでシーズンを終えたことで、ノイアーを1歩リードか。

DFヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)

1995年2月8日生まれ、23歳。176センチ、70キロ。
育成年代から注目されていたドイツの若手。本来は守備的MFだったが、右サイドバックにコンバートされてからの活躍が目立つ、ポリバレントな選手だ。今回、W杯初出場となるが、将来的にはフィリップ・ラームの後継者になると目されている。

●グループFのライバル

メキシコ代表(7大会連続16回目)

FIFAランク15位(2018年5月)。文句なしのW杯常連だが、過去6大会の成績は、いずれもベスト16。コロンビア出身の56歳、フアン・カルロス・オソリオ監督は、複数の布陣を使い分け、チームをベスト8に導けるか。注目選手は、FWハビエル・エルナンデス(ウェストハム/イングランド)。

スウェーデン代表(3大会ぶり12回目)

FIFAランク23位(2018年5月)。伝統的な「4-4-2」を踏襲。ゾーンプレスでボールを奪い、ゴール前に迫る。チームを率いるのは、55歳のヤンネ・アンデション監督。欧州予選のトップスコアラーはFWマルクス・ベリ(アル・アイン/UAE)、体を張れるセンターフォワードだ。

Goal_worldcup_article_banner

次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
次の記事:
ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」
次の記事:
クルトワに続き、ナバスも負傷で離脱…大一番セビージャ戦でルカ・ジダンが先発か
次の記事:
またしてもプレミアから中国に流出か…アルナウトビッチの広州恒大行きが浮上
次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
閉じる