開幕2連勝のリヴァプール、クロップは守備陣を称賛も攻撃陣には「とてもハッピーとは言えない」

コメント()
Getty Images
リヴァプール指揮官は無失点での勝利に貢献したアリソンとファン・ダイクに賛辞を送った。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、無失点に抑えた守備陣を称賛するも、攻撃面にはまだまだ改善が必要と話した。

20日に行われたプレミアリーグ第2節でリヴァプールは敵地でクリスタル・パレスと対戦。前半終了間際にジェームズ・ミルナーのPKでリヴァプールが先制に成功する。さらに後半、相手に退場者が出て数的有利に立つと、アディショナルタイムにサディオ・マネが追加点を奪い、リヴァプールが2-0で勝利した。

開幕2連勝を飾ったクロップ監督は、試合後の会見で「パレスは強いチームで、数多くのロングボールを放るなど戦い方がはっきりしている。本当に難しい試合になると思っていた。それに多くのDF陣が手を焼く(クリスティアン)ベンテケを止めたビルヒル(ファン・ダイク)の存在がとても重要だった。手強い相手に戦えたことはディフェンス面ではオーケーだ」と話した。

「しかし、オフェンス面ではとてもハッピーとは言えない。リズムやタイミングが良くなかった。サイドバックはもっと攻撃に参加するべきで、10番の役割を担えとは言えないが、もっとオプションになるべきだ。よく見ていなかったからPKの判定には何も言えないが、最高の時間帯でミリー(ミルナー)が得点を挙げた。我々はまだまだ良くなる可能性がある」

モハメド・サラーが獲得した微妙な判定からのPKについても問われ「モー(サラー)には何も聞いていない」と答えたクロップ監督は「個々のプレーについては何も言うことはないが、彼のパフォーマンスは良くなっている。結果的に2つのゴールに大きくかかわったから私は満足している」と同選手の活躍を喜んだ。

また、新守護神のアリソンについても言及。2試合連続でクリーンシートを達成した同選手に「FKのセーブは見事だった。CKの場面でもビルヒルとともに混戦の中でよく守っていた」と賛辞を送った。

リヴァプールは、25日に行われる次節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦する。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ゴールだけじゃない!アーセナル主将コシールニー、大一番で記録した見事なスタッツとは
次の記事:
モドリッチ、レアル・マドリー残留の意思を強調「ここでもっと続けたい。加入初日のように幸せだ」
次の記事:
セビージャ撃破のレアル・マドリー、ソラーリは流血モドリッチの闘志を称賛「彼はファイター。その魂を示した」
次の記事:
アトレティコ、ウエスカに3発快勝で第4節以降無敗を維持!首位バルセロナを勝ち点2差で追う
次の記事:
PSGに緊急事態…ヴェッラッティの重傷をトゥヘル認める「起こりうる最悪の事態」
閉じる