開幕から全試合フル出場のシント=トロイデンDF冨安健洋、格上を無失点に抑えて手応え

コメント()
(C)STVV
シント=トロイデンはアンデルレヒトを相手にアウェーで勝ち点1を獲得した。

シント=トロイデンはアンデルレヒトを相手に勝ち点1を獲得。フル出場した日本代表DF冨安健洋は手応えを口にしている。

試合は23分にシント=トロイデンのMFクリスティアン・セバジョスが退場となり、アンデルレヒトが大半の時間を数的優位で戦うことに。それでも、シント=トロイデンは全員が体を張った守りを見せ、見事無失点でスコアレスドローに終わっている。

3センターバックの右で先発し、退場者が出てからは4バックの右に入った冨安は、味方FWに感謝の言葉を口にしている。

「早い時間帯で10人になってしまい、ずっと押し込まれる展開が続いていましたが、FWの(ヨハン)ボリが頑張ってくれて、今日は彼がいなかったら負けていたくらい、身体を張って前線でボールをおさめてくれていたので、僕たち守備陣だけではなく、チーム全体で頑張った結果だと思います」

「僕の意識としては人数も少なかったですし、まずは守備から意識を持って。結局失点0でおさえることはできてよかったです。普段からテックス(ジョルジェ・テシェイラ)とコミュニケーションをとりながらやってるので、やっぱりそこは大事な部分だなと思いましたし、チーム全員でつかんだ勝ち点1だったと思います」

さらに続けて「次の試合が大事だと思いますし、次負けてしまったら意味がないので、気を引き締めていきたいと思います」と先を見据えた。

なお、遠藤航と鎌田大地は途中出場。アンデルレヒトの森岡亮太は出番なしに終わっている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる