長友佑都、伊主要紙のダービー評価は?「軍人のようにサイド防衛」の一方で最低評価も

コメント()
(C)Getty Images
インテルに所属する日本代表の長友佑都はミラノダービーにフル出場したが、イタリア紙の評価は様々だ。

ミラノダービーに先発したインテルのDF長友佑都に対するイタリア各紙の意見は分かれた。

インテルは15日、セリエA第8節でミランとのミラノダービーに挑んだ。試合は主将FWマウロ・イカルディがハットトリックを決め、3-2でシーソーゲームを制して順位表でも単独2位に浮上した。今シーズン、長友は新加入のDFダルベルト・エンリケと交互に起用されるなど、左サイドバックにおいて熾烈なポジション争いが繰り広げられていた。しかし慎重な守備が必要とされるミラノダービーでは、前節のベネヴェント戦に引き続きベテランの長友が起用され、フル出場を果たしている。

『ガゼッタ・デロ・スポルト』はワースト選手として長友を挙げ、MFロベルト・ガリアルディーニと並びチーム内最低点となる「5,5」をつけた。「前半はガリアルディーニとともに唯一の汚点となったが、(ファビオ)ボリーニがチャンスを無駄にした。後半は文字通り、元リヴァプールの選手によって隅へ追いやられた」と述べ、対面したボリーニに手を焼いていたと指摘した。なお最高評価はハットトリックを決めたFWマウロ・イカルディの「9」となっている。

一方、『トゥット・スポルト』は「6」の評価を下し、「優秀な兵士は軍人のような顔つきでサイドを防衛した」と綴り、長友の守備に合格点を与えた。最高点はイカルディの「9」、最低点は途中出場したDFジョアン・カンセロの「5,5」となっている。

また『コリエレ・デロ・スポルト』も同様に、及第点となる「6」の評価を与えている。「守備に注意深く、ダルベルトより好まれた。足元にボールを持つと震えていたが、惨事を起こすこともなかった」として、長友が与えられた役割をこなしていたと分析した。なお最高点および最低点も同じく、イカルディの「9」、カンセロの「5,5」となっている。

閉じる