長友佑都はガラタサライ残留を望んでいる…トルコメディアが「トルコ最高」発言に注目

コメント()
(C)Getty Images
トルコメディアは、日本代表DF長友佑都がガラタサライ残留を望んでいると報じた。

トルコメディア『TRTスポル』は7日、日本のマスメディアが「長友佑都はガラタサライ残留を望んでいる」と報じたと伝えた。発端は、長友佑都のSNS公式アカウントの投稿にあるようだ。

長友は5日、自身のSNSアカウントで、トルコの空を仰ぐ自身の写真を投稿。そこには「トルコ最高」というメッセージが寄せられていた。こうした発言のほか、日本メディアの「長友がガラタサライ残留を望んでいる」という論調を紹介した。

長友は今冬、インテル(イタリア)から期限付き移籍で加入。長友とインテルの契約は2019年まで残っている。それでも、ガラタサライのファティ・テリム監督は「私たちの重要な戦力の1人」と表明。長友が来季もガラタサライでプレーすることを望んでいる。

SNSの些細な発言にまで注目されるなど、長友の去就はトルコでも注目されているようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる