鎌田大地、今季10ゴール目もシント=トロイデン5連勝ならず…冨安はフル出場

コメント()
(C)STVV

ジュピラーリーグ第18節が8日に行われ、シント=トロイデンはスタンダール・リエージュと対戦した。

今やエースとなった鎌田大地は冨安健洋とともに先発。遠藤航はベンチスタートとなった。試合は前半のアディショナルタイムに動く。

左サイドからポル・ガルシアのパスを受けた鎌田が、ドリブルでDFをはがすと、最後はGKも足の裏でかわし、そのままゴールへと流し込んだ。鎌田は今季10点目としている。

しかし、後半に入るとカウンターから失点。最後はスルーパスを受けたオディ・ウラレが同点ゴールを挙げ、1-1で試合は推移する。ホームのシント=トロイデンがボールを支配しながら、スタンダールがセットプレーからワンチャンスをうかがう展開が続く。

アディショナルタイムにシント=トロイデンにコーナーキックが与えられるが、そのキックが行われる前に試合終了の笛。大ブーイングに包まれ、90分間が終了した。

4連勝中のシント=トロイデンだったが、5連勝はならず。試合は1-1のドローで終了した。なお、遠藤に出場機会は訪れていない。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
次の記事:
マンチェスター・U、期待の生え抜きが契約延長! スールシャール「彼の前には明るい未来が広がっている」
次の記事:
豪州の戦いぶりに韓国紙が厳しい論調「4年前に比べてはるかに弱い。4強まで上がるかも不確実」
次の記事:
元イングランド代表A・コールが英2部ダービーに加入…元同僚ランパードとPL昇格へ
閉じる