酒井宏樹左サイドバックでフル出場も完敗…マルセイユは6位に後退

コメント()
(C)Getty Images

日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは、まさかの完敗で順位を落とした。

マルセイユは9月30日、リーグ・アン第8節でリールと対戦。酒井は左サイドバックで先発した。試合は後半までスコアレスで進むが、65分に守護神スティーヴ・マンダンダがPKを献上。これをニコラス・ペペに沈められて先制を許す。

さらに、86分にも再びPKを与えてしまい、今度はジョナタン・バンバに決められ、2点差に。アディショナルタイムにもバンバにダメ押しを挙げられ、マルセイユは0-3と完敗を喫している。

今シーズン早くも3敗目となったマルセイユは、6位にまで後退。なお、酒井はフル出場している。

▶リーグ・アン観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる