遠藤航も意識していた無失点。攻撃にも一定の満足感「追加点はなかったけど…」

コメント()
©Getty Images

日本代表のMF遠藤航がまずは勝利で、決勝トーナメント進出を決めたことを喜んだ。

日本は13日、アジアカップ2戦目でオマーン代表と対戦。初戦を白星で飾っていた日本は、この試合も苦しみながら、原口元気のPK弾で制し、連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

遠藤は試合後、「よかったと思いますし、しっかり勝ち点3を積み上げたことが大事でした」と振り返った。さらに無失点については「そこは僕自身も意識していた」と話し、このように続ける。

「前半からカウンターをしっかり防ぐことを意識していた。1点リードしてからはより意識してやりました。追加点奪えればよかったですけど、そうではなかったので」

また、自身の役割について「攻撃を作ること」と話した遠藤は、今後に向けて引き続きチャンスを作っていくことを意識すると語った。

「今日も前半からチャンスは作れていたし、、どんどん前にパスをつけていくことはできていました。今日は決めきれなかったですけど、チャンスを作ることが大事ですし、次も続けていければいいと思います」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
長友佑都、ベトナム戦の苦戦を予想「彼らは永遠に走れるんじゃないか…」
次の記事:
激突するミランとナポリ、現地記者が選ぶ両クラブの今季ベストプレイヤーは?
次の記事:
名古屋MF深堀隼平がポルトガル1部のヴィトーリアSCに期限付き移籍が決定「自分の武器にさらに磨きを…」
次の記事:
サッリが“世界最高の1人”アザールを称賛も「チェルシーのリーダーではない」
次の記事:
南野所属ザルツブルク、攻撃陣流出続々…センターFWに続き2列目の有望株も夏の移籍が決定
閉じる