辛勝のアーセナル、エメリ監督が語る苦戦の要因は?「速いリズムでプレーしたかったが…」

コメント()
(C) Getty Images
アーセナルのウナイ・エメリ監督が苦戦した試合を振り返った。

アーセナルは、8日にプレミアリーグ第16節でハダーズフィールド・タウンと対戦し、1-0で勝利を収めた。ウナイ・エメリ監督は、苦戦を強いられた一戦を振り返っている。『スカイスポーツ』が報じた。

開幕2連敗以降、公式戦では20試合、リーグ戦では13試合無敗と好調を維持するアーセナル。しかし、ホームでの一戦はなかなか相手守備陣をこじ開けられず苦しむ展開に。83分にMFルーカス・トレイラが決勝点挙げて勝利したが、ポゼッション率は6割を越えながらも枠内シュートは2本と、17位と下位に沈む相手に苦戦を強いられた。

試合後、エメリ監督は『スカイスポーツ』のインタビューで「タフな試合だった」と認め、「もっと速いリズムでプレーしたかったが、相手がペースを落としてきた」と相手にリズムを狂わされたことが苦戦の原因だと語った。

「相手にも言えることだが、今日はタフな試合だった。彼らはとても遅いリズムでプレーし、すべてのポジションで一対一を仕掛けるのがプランだった。ロングボールも多用し、試合が止まる時間も多かったね」

それでも、スペイン人指揮官は「このようなタフな試合に勝利できたのは非常に素晴らしい」と喜びを口にしている。

辛勝ながらも、公式戦21試合無敗をキープしたアーセナル。16日のプレミアリーグ次節では、降格圏の19位に沈むサウサンプトンと対戦する。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
驚異の右足を持つFKのスペシャリスト、アーノルドが長期契約…クロップも絶賛「ファンタスティックな選手」
次の記事:
モラタ獲得を目指すアトレティコ、予算確保のためにジェルソンをモナコに放出へ
次の記事:
全員が決戦へいい準備を。権田修一「誰が出るかもわからない状況の中で…」
次の記事:
フラム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃
次の記事:
吉田麻也、サウジとの前回対戦は「比較材料にならない」。弱点は「集中力を欠くシーンが多い」
閉じる