負傷離脱中の柴崎岳、ヘタフェ会長が「あと2週間くらいで復帰する」

コメント
9月16日のバルセロナ戦で負傷した柴崎

ヘタフェのアンヘル・トーレス会長が、現在負傷で戦列を離れているMF柴崎岳に言及した。

柴崎は9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦(1-2)で負傷。当初は保存療法での回復を選択していたが、最終的には手術に踏み切り、現在リハビリ中だ。

A・トーレス会長は柴崎の復帰に時期について次のように話している。スペイン『マルカ』がコメントを伝えた。

広告

「ガクはあと2週間ほどで復帰するだろう。これから(試合出場に必要な)コンディションを取り戻さなければいけない」

またA・トーレス会長はヘタフェの冬の補強にも触れている。

「我々が快適であれば、選手の数を減らす方のことを検討している。コパ・デル・レイの結果次第だけれどね」

次の記事:
「サネは村のどこかでプレーしているよう」元ドイツ代表MFがヤングスターの振る舞いに不満
次の記事:
ハノーファー浅野拓磨が全体練習に復帰…20日のリーグ戦で出場の可能性も
次の記事:
ピルロ氏、ダービーで対決のイカルディとイグアインを比較「2人とも偉大なFWだが…」
次の記事:
ヴェンゲル氏、エジルは「ドイツに必要な選手」と強調…代表引退については「好ましくない」
次の記事:
現役引退の悪童カッサーノ、名言集に長友佑都とのエピソードも「彼はどうせ怒らない」
閉じる