ニュース ライブスコア
FIFA ワールドカップ

“警告数”で突破の日本代表に伊メディア各紙が反応「何てリスクだ!」「ミッション成功」

16:30 JST 2018/06/29
2018-06-29 Japan
イタリアメディア各紙は、フェアプレーポイントで16強へ駒を進めた日本代表について報じている。

ポーランドに0-1で敗れながらも、フェアプレーポイントでセネガルを上回り2位での決勝トーナメント進出を決めた日本について、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などメディア各紙が28日、様々な反応を見せた。

日本は28日、ロシア・ワールドカップのグループH第3節でポーランドに0-1で敗れた。しかし、もう1試合のセネガルvsコロンビアでコロンビアが勝利したため、日本はフェアプレーポイントでセネガルを上回り2位での決勝トーナメント進出を決めた。

『ガゼッタ』は、「ニッポンの選手たちがフェアプレーで突破」と報道。「もう1試合の結果を知り、日本選手たちは終盤、負けのまま“凍結”し始めた。攻撃を一切せず、ボールを回し、特にファウルをせず、イエローカードを避けながら時間を稼いだ」と綴った。「ヴォルゴグラードのスタジアム全体から口笛が吹かれ、主審も試合を進めるよう明らかなジェスチャーをしていた」とポーランド戦終盤の状況を描写している。

最後に「日本はミッションを成功させ、16強へ進んだ」と伝える一方、「まさにフェアプレーが(突破を)決めたことで、フェアプレーに欠けたこの試合は記録に残るだろう」との見解を示した。

『スカイスポーツ』は、日本の選択が危険な賭けであったと指摘している。「コロンビアと日本が16強へ進んだが、アジアのチームは何というリスクを負ったのだ! サムライはカフェテロス(コロンビアの愛称)に感謝しなければならない」と綴った。また「サムライの功績は、アフリカチームよりカードの枚数が少なかっただけだ」と述べ、実力によるものではないことを示唆した。

また『コリエレ・デロ・スポルト』は、「勝利は無意味、敗北も痛くなかったニッポンが突破を決めた」と綴り、『メディアセット』は、「日本は、何度も決定的な仕事をしたGKカワシマ(川島永嗣)、そしてカード数にしがみついた」と報じた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ