苦戦した初戦を重く受け止める吉田麻也「自問自答しなければいけない結果」

コメント()
(C)Getty Images

日本代表DF吉田麻也が、苦戦を強いられたトルクメニスタン代表戦について振り返った。

日本代表は9日、アジアカップ2019のグループF第1戦でトルクメニスタンと対戦した。緩い試合の入りで27分に先制点を許したが、後半に大迫勇也の2ゴールと堂安律のゴールで3点を奪って逆転。そこから79分にPKを献上し、1点差に詰め寄られたが、何とか逃げ切りに成功して白星スタートとした。

格下相手に薄氷の勝利を果たした試合後、キャプテンの吉田は、「自分たちが本当に、この試合に懸ける決意と覚悟を持って試合に臨めたのか自問自答しなければいけない結果になったんじゃないかと思います」と、内容に関して満足していないことを強調。「試合の入りは非常に悪くて、ミスもたくさん起きました」と、特に序盤に問題があったとしつつも、「後半うまく改善して、大迫(勇也)が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。なんとか巻き返して勝ち点3を取れてスタートできたのは、もっとも大きなポイントかなって思います」と、苦しみながらも勝ち点3を獲得したことに安堵していた。

また、日本代表はこの試合の前半、何度も相手にカウンターを許した。守備のリスクマネジメントについて、吉田は「前半、失点以外のところでも危ないシーンが2回くらいあった。そこらへんがやはり、アジアで戦うときに一番気をつけなければいけないところ。2失点目やPKのところでも自分たちのミスがありました。特にボールを失う場所と、失い方、横や後ろへのパスがミスになると、一気にカウンターを食らってしまう。前に前に勢いを持ってプレーするっていうのを徹底して心がけていきたいと思います」と改善点を口にした。

13日に行われる第2戦ではオマーン代表と対戦するが、チームの調子に関して、吉田は「コンディションに関しても明らかに今日がピークにきているとは思わないし、それは見てもらって分かるように、監督やテクニカルスタッフも練習の量を非常に制限していて、(大会を戦う時間は)長くなるっていうことを仮定してやっている」と、2大会ぶりの制覇を目指す中での初戦であったことを強調。パフォーマンス面でも上昇カーブを描くことを見据え、13日に行われる次戦ではオマーンを相手に連勝を狙う。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
日本代表、3月にコロンビア&ボリビアと親善試合で対戦
次の記事:
広島と鹿島が出場するACLプレーオフのキックオフ時間が決定
次の記事:
大迫復帰。アタッカー陣はベトナムの5バックを攻略し、攻撃を活性化できるか?/アジア杯プレビュー
次の記事:
長友佑都、ベトナム戦の苦戦を予想「彼らは永遠に走れるんじゃないか…」
次の記事:
激突するミランとナポリ、現地記者が選ぶ両クラブの今季ベストプレイヤーは?
閉じる