ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

苦しい敗戦の磐田…名波監督は最終節の王者・川崎F戦へ「胸を借りるとかそういうことではない」

17:05 JST 2018/11/24
2018-11-24-nanami

明治安田生命J1リーグは24日に第33節が行われ、ジュビロ磐田はコンサドーレ札幌に0-2と敗戦。試合後、名波浩監督がフラッシュインタビューに応じた。

今季残留争いに巻き込まれている磐田は、ホーム最終戦で札幌と対戦。しかし前半の早い段階でオウンゴールで失点すると、後半にも追加点を許す苦しい展開に。結局反撃できず、完封負けを喫した。

この結果、磐田は勝ち点41から伸ばせず。14位湘南ベルマーレ、15位サガン鳥栖、16位名古屋グランパスがそれぞれ勝利を挙げて同40にまで伸ばしたため、今節での残留を決めることができなかった。さらに、最終節で敗れるとプレーオフ圏内の16位に転落する可能性もある。

試合後、名波監督は内容と結果を反省しつつ、最終節には全力で挑むと宣言している。

「他会場の結果も踏まえると、我々にとって厳しい結果です。でも、前を向いてやるしかないですし、最終戦はアウェイのチャンピオンチーム(川崎フロンターレ)。胸を借りるとかそういうことではなくて、全力を持ってやらなきゃいけないゲームだと思います」

「(選手たちへはどう声をかける?)ゲームを振り返ると、1点目のオウンゴールが非常に影響があったと思う。与えたくないセットプレーの中で、オウンゴールという結果がメンタル的に痛かったです。逆に札幌が精神的なアドバンテージを得た」

「良い時間帯もありましたけど、崩しの段階で大きなミスもあったりしたので、まだまだ反省するところですね」

「クラブ全員が勝ち点1以上をつかめるように、頑張りたいと思います」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ