「良い意味で少しばかりクレイジー」ピレス氏が古巣アーセナルを立て直す新指揮官を絶賛

コメント()
Getty Images
元アーセナルMFは、ヴェンゲル前監督とエメリ監督を比較した。

元アーセナルのロベール・ピレス氏は、現在古巣を指揮するウナイ・エメリ監督を“クレイジー”と形容し、その手腕を称賛した。

22年間にも及ぶ長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル前監督の後任として今夏にアーセナルに就任したエメリ監督。開幕2連敗を喫したものの、その後は公式戦22試合連続で無敗をキープするなどプレミアリーグ初挑戦ながら高い適応力を見せる。

ヴェンゲル政権終盤には崩壊寸前だった守備陣に安定をもたらし、多くの試合で勝利を手にするエメリ監督の指揮官としての能力について、ピレス氏は『iNews』に語った。

「彼は勝者で、数多くのタイトルを手にしている。セビージャでヨーロッパリーグ、パリ・サンジェルマンでリーグ・アンを制した。彼はドレッシングルームでチームにスピリットを植え付けていると思う。彼はまるで戦士のようだから、アーセナルは新たな哲学とともに今までにない顔をチームとして持つようになったと思う」

「ベンチにいるときの姿なんて少しばかりクレイジーだ。ただ良い意味でのクレイジーだ。これがアーセン・ヴェンゲルとウナイ・エメリの違いだと思う」

また、ヴェンゲル前監督時代には、最後の2シーズンでトップ4を逃すなど低調な戦いを続けたアーセナル。この成績を受け、フランス人指揮官は度々批判され、選手とのコミュニケーションも十分ではないと報じられていた。しかし、エメリ監督に代わったことで、ヴェンゲル前監督が抱えていた問題の大部分が改善されたとピレス氏は感じているようだ。

「監督は難しい仕事で、選手たちと良いコミュニケーションを取る必要がある。アーセンは比較的静かだったが、ウナイ・エメリはより感情的だ。彼は常に選手たちの助けになりたいと思っているように映る。彼らにとってコミュニケーションを頻繁にとる指揮官は物珍しいかもしれないが、良いことだと思う」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
三浦弦太「自分たちで難しい局面に」…押し込まれる時間帯は「余裕があった」と手ごたえ
次の記事:
佐々木翔、元同僚・塩谷のスーパーゴールに「久々にあの人の大砲を見た」
次の記事:
青山敏弘「意地でも90分間やりたかった」…その理由は槙野智章のひと言?
次の記事:
3試合で22人がプレーした森保ジャパン。ウズベク戦サブ組起用の意義
次の記事:
指揮官カランカ解任のノッティンガム・フォレスト、後任監督にオニールを招へい
閉じる