自国でのユーロ2024開催を喜ぶドイツ代表指揮官レーブ…若手の奮起に期待

コメント()
Getty Images
ユーロ2024の開催がドイツに決定した。この結果を受けて、ドイツ代表のレーブ監督が声明を発表している。

現地時間27日、ユーロ2024の開催国がドイツに決定した。ドイツは競合となったトルコを破り、西ドイツ時代の1988年以来となる開催が決まった。

この結果を受けて、現ドイツ代表指揮官ヨアヒム・レーブが、ドイツサッカー連盟の公式メディアを通して、次のように述べている。

「この大会はドイツにとって例外的なもの。欧州選手権のようなビッグトーナメントは、若手選手にとっても目指すべき大会としていいモチベーションになるはずだ」

2014年のブラジル・ワールドカップでドイツを世界一に導いた指揮官レーブ。今年5月にはドイツ代表監督としての契約を2022年まで延長したばかりだが、ディフェンディング・チャンピオンとして臨んだロシアW杯では、グループリーグ1勝2敗で早期敗退を余儀なくされていた。

直近のW杯で評価を落としたレーブ監督だったが、自国開催となるユーロ2024を目指すかどうかについては明言を避けている。

一方で2014年に主将としてW杯を掲げたフィリップ・ラームは「ドイツには優れたスタジアムがあり、サッカーを愛するファンが数多くいる。ユーロ開催はとても嬉しいことだし、この結果に安堵している」と述べている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
次の記事:
成長続ける20歳・冨安健洋、吉田らベテランとの最高の関係「練習中から…」
次の記事:
バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言
閉じる