ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

終盤被弾でドローもサッリが笑顔だった理由…「楽しんだからね。美しい試合だった」

17:32 JST 2018/09/30
2018-09-29-sarri-klopp

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、リヴァプール戦の戦いに幸せを感じているようだ。

プレミアリーグ第7節で、ホームにリヴァプールを迎えたチェルシー。見事な戦いを見せて25分にはエデン・アザールのゴールで先制する。その後も主導権を握っているように見えたが、89分にダニエル・スタリッジの鮮やかなミドルシュートで失点。土壇場で追いつかれ、首位撃破とはならなかった。

試合後、サッリ監督はリヴァプールが上を行くとしつつも、差は縮まっていると感じたようだ。

「リヴァプールは我々より先を行っている。それでも、1週間前に思っていたよりは近づけたと思う」

終了の笛が鳴った後、サッリ監督は満面の笑みでリヴァプール指揮官ユルゲン・クロップと健闘を称え合っていた。それについて問われると、「楽しかったからね」と語っている。

「(クロップとともに)笑顔だったのは、楽しんだからだ。美しい試合だったね。パフォーマンスには満足している。終盤の失点にはがっかりしたがね。だが、ふさわしい結果だった」

また、アザールへの依存を否定。「シーズン終了時には4~5人以上が10点取っているよ」と語っている。

今季開幕から7試合で5勝2分と負け無し、首位マンチェスター・シティ、リヴァプールとは2ポイント差の3位につけるチェルシー。59歳の知将は、初めてのプレミアリーグ挑戦を楽しんでいるようだ。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ