ニュース ライブスコア
明治安田生命J2リーグ

福岡MF三門雄大、PO決勝進出に納得の表情「いい時のサッカーができた」

20:30 JST 2017/11/26
2017-11-26-fukuoka-Mikado_Yuta
J1昇格プレーオフ準決勝、アビスパ福岡対東京ヴェルディは1-0で福岡の勝利。試合後、福岡のMF三門雄大が勝因を分析した。

J1昇格プレーオフ準決勝が26日に行われ、えがお健康スタジアムではアビスパ福岡と東京ヴェルディが対戦した。試合は1-0で福岡の勝利。試合後、福岡のMF三門雄大が勝因を分析した。

「本当に全員が集中してやってたと思います。誰かが前線に残ってスターで点取ってというチームじゃないと思うので、いい時の僕らのサッカーができてきたんじゃないかな」と振り返る三門。

「(松田)力にしてもウェリ(ウェリントン)にしてもテル(仲川輝人)にしても、前の選手だから点を取りたいというところがあると思いますけど、今日も含めて、チームのために彼ら3人が一生懸命やってくれました」とFW陣の奮闘をたたえた。

ゲーム運びとしては、「ディフェンスのところでしっかりとやれれば、僕たちはそう簡単に崩れないとは思います。逆にじゃあ点を取りに行く時、どういうふうにしていくかというところが課題だと思う。取ったあとにウェリしか残ってないとか、ウェリも頑張って下がってきてくれて誰もいなくて。そういうのが多かった」と分析。「勝って(J1に)上がるためには点数が必要だと思いますし、点を取れるように、相手をもう少し押し込めるようにやっていきたい」と決勝戦へ意気込んだ。

また、試合はレベルファイブスタジアムではなく、ロアッソ熊本のホームスタジアムであるえがおスタで行われた。これについて三門は「正直、福岡の皆さんの前でやりたかった思いはあります。けど、熊本さんも自分たちのシーズンが終わった中で、こうやって準備をしてピッチを貸してくれて。もっと遠くでやらなきゃいけない可能性もあった中で、できるだけ近くでできたのは本当に良いことだなと思います」と感謝しきりだった。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。