ニュース ライブスコア
明治安田生命J2リーグ

福岡・井原正巳監督、引き分け狙いは考えず「そこを意識するのは終了5分前から」

21:11 JST 2017/11/26
2017-11-26-ihara.jpg
J1昇格プレーオフ準決勝で東京ヴェルディを下したアビスパ福岡。井原正巳監督が試合を総括した。

アビスパ福岡は26日に行われたJ1昇格プレーオフ準決勝で東京ヴェルディを1-0で下し、ファイナル進出を決めた。井原正巳監督が試合を総括した。

「前半は思うような形が作れた」と井原監督が振り返るように、前半序盤に山瀬功治のミドルシュートで先制した福岡。後半は押し込まれる展開が続いたが山瀬が決めた虎の子の1点を守りきり、1-0と完封勝利を収めた。

福岡はリーグ戦上位のアドバンテージもあり、引き分けでも勝ち抜けができるシチュエーションだった。井原監督は「もちろんアドバンテージの話はしましたが、そこを意識するのは終了の5分前、もしくはアディショナルタイムなので、しっかり勝ち切って終わろうという指示をしていた」と、あくまで勝利で終わることを求めていたと強調。「そこを選手たちはしっかりと意識してやってくれていた」と、選手の姿勢を評価した。

「特に今日は全員が守備をすることが大事という話をしていたので、前のウェリントンからアグレッシブに守備をしてくれたおかげで、上手く連動できたと思う」と、前線からの守備を怠らなかった点も褒め称えた。

とはいえ、まだJ1昇格が決まったわけではない。次なる戦いは12月3日。アウェイの豊田スタジアムで行われる名古屋グランパス戦だ。

井原監督は「まだ何も成し得てないですし、またしっかりと1週間でいい準備をして、目標を達成できるようにしたい」と、運命のファイナルへ意気込みを語っていた。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。